2007年05月31日

木曜日・一言

メル友になりませんか。
「リンク」から日本語でメールください。

日本・中国・アメリカ・ドイツ・スペイン・フランスの皆さん。
珍しい、お客さんを紹介します。
多分、アラブの人だと思いますが。
間違ったら、ごめんなさい。
  ↓
http://www.google.com/search?hl=fa&q=big+dikz&btnG=%D8%AC%D8%B3%D8%AA%D8%AC%D9%88%D9%8A+Google&lr=


みなさん、「big dikz 」を好きですね。
日本も、昔、浮世絵というのがありまして、大きな性器を描いたものですが、あれは、フィクションでして、本当は、小さいのですよ。
日本は、最近になって、ようやく浮世絵の無修正が許可されたようです。
実写は、ダメ。
早熟な、青少年が、日本にはいるんですよ。
学校の勉強よりも好きでして、困ったものです。
おかげで、大人のサイトは、青少年が見たら困るような詐欺が横行しています。
エロなどは、死ぬ道傍に咲く花だから、生きているうちに十分鑑賞できて、悔いの無い死を迎えさせてくれればいいのに、と思います。

私は、見てしまいましたから、後悔しません。

posted by kandk55 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

水曜日・一言

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

日本に、google 少年がいる事が、話題になりましたが、中国にも、google 愛好のエロ人が、いるようです。
 ↓
http://www.google.com.tw/search?q=%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%9C%9F%E5%A4%AE%EF%BC%88%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E6%82%A0%E5%B8%8C%EF%BC%89&complete=1&hl=zh-TW&start=20&sa=N

中国の、成金長者、つまり特権階級の人も、好色と言う点では、日本人と同じようです。

中国大陸は、エロが規制されてますから、日本サイトのエロいサイトを、goole を使って覗きに来るのでしょう。

日本のエロと中国のエロの仲を取り持つのは、世界のgoogle です。
なんとグローバルなエロであることか!
音楽にも匹敵する。
posted by kandk55 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

火曜日・古本

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

これは、安い。
夏姫物語
著者→駒田信二
徳間文庫
1991年8月15日、初刷
定価→460円

これが、ネツトの古本で、23円から180円。
送料が高くなる。

内容は、中国の春秋時代。
夏姫の愛と性の遍歴物語。

徳間文庫は、かっては大手の本屋だった。
この本は、ネット上では、5冊しか無い。

古い本だけど、内容は、あまりHではない。
官能文庫の先走りだった。
posted by kandk55 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

月曜日・戯れA

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

「松岡農相、議員宿舎で自殺」

亡松岡氏は、ちゃんと政治や政治家のことを勉強したのだろうか?
安部首相の任命責任なんか小さな問題だ。
政治家(いや政治屋かな?)の全体が、政治をする資質が無いのではないかと、私は、疑っている。

年金しか収入の無い年寄りを相手に、年金額を減らし、増税し、介護保険料など負担を増やした。
その一方、自分たちが受け取る議員年金は、手つかず、そのまま減額などしない。

年金だけを取り上げても、こんな行為をする人でも、政治のためだろうと、あきらめていたが、今日の自殺で、資質の無い人が政治家になっていることが、自分では、納得できた。


昔、明治時代の自由民権運動のころ、板垣退助という政治家がいた。
その人が、心ない暴漢に殺される時、

「板垣、死すとも、自由は死なず」

と、言った。(同じ自民党の先輩である)

また、近代では、日本から消えてしまった庶民の「社会党」の政治家であった浅沼稲次郎氏も、演説中に暴漢に殺された。


政治に死ぬ人・政治に死ねる人→政治家


私は、今まで政治家は、到底、追いつかない遠い存在だと思っていたが、自分勝ってな金儲けをして疑われたら自殺したとすれば、人間としては最低の人であると思った。  
posted by kandk55 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 独白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜日・戯れ

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

やっと、他の人のような独り言を書く気になりました。
みなさん、ここは、スルーしてください。
私の、独り言ですから、構わないで、他を見てください。

どうしたんだろう。
日本。

相撲の横綱は、外国人だし、柔道も外国人に追いつかれている。
社会面でも、母親殺しとか、親による子殺しが、TVをにぎわしている。
どうしたんだ、日本。

私は、第二次世界大戦後の道徳が無くなったことが、現在の悲惨な事件が起きる背景にあると思う。
侵略戦争を美化するのではない。
前にも述べたが、人は、社会規範の中で、意味をつかんで生きている。
「天皇陛下万歳」が、強い社会規範で生死を決する道徳だったかもしれないが、他にも道徳があったはずだ。
そなのに、戦争に負けたから全部悪いと言って、すべて捨ててしまった。
古来から、日本は、仏教国として治められていた。
徳川家康も、仏教を護って来た。
明治で、仏教をこわし、神を代わりにもって来た。
神が道徳に、なじむのか、私は知らない。
私は、仏教の「即身成仏」こそ、人のあるへき姿であり、宗教も道徳も、そこから生まれて来たものだという人間である。
「仏」の徳を、自分のものにする。
自分の中の「仏」を発見することが大事だと思う。

それが、どうだ。
私も含めて、大人は、子供にそういう考えを教えてこなかったと思う。
仏教は、戦争を阻止できなかったのは、残念ではあるが、それを全部捨ててしまうとは、更に残念なことだと思う。

戦争当時は、自分が出征して、軍人にならなければ、残る家族は、村、町、国から、非国民と呼ばれるから、それを避けるために、出征したではないのか。
誰も、口では「天皇陛下万歳」と言いつつ、心の中では、「お母さん、お父さん、行ってきます」と言いつつ家を出たのではないのか。
これが、戦争に加担した人への、私の悲しい慰めの言葉だ。

現代では、極である「徳」を、さも知っているかのように、「背徳」と言う。
「背徳」の本が売れるのなら、「徳」の本が売れても、おかしくはないのだが。
posted by kandk55 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 独白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

土曜日・古本

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

今日の本は、新しい。
「正常位のススメ」
2000年8月30日初版発行
グリーンドア社
著者→日向野春総
定価→533円

「変わった体位でSEXする傾向にある現代人。正常位というと平凡・マンネリの代名詞だ。しかし、こうした考え方こそ無味乾燥といえる。正常位はSEXの基本どころか奥義なのである。この正常位のコツさえ身につければ、たとえ正常位一本槍でも女性を歓ばせるとができるのだが、正常位のコツを知らないと、どんな体位を試みても女性を歓ばせることはできない。いわば、すべての体位は正常位の延長線上にある。本書はすべての体位に応用できる正常位のコツを集大成したものである。」

    グリーンドア文庫の帯書きから引用

との著者の考えで、「カーマ・スートラ」のようなカラーではないが、体位が描かれている。
@挿入編
A体動編
B絶頂編
付録→ひと目でわかる体位の変え方

この本が、ネットで買えば、200円から300円ぐらいで、3冊あるらしい。

精神性医学を専攻した著者だけに、エロくないのが欠点かもしれない。
男女の連結部を見せないようなカラー写真だったら、もっと売れるのに。

と思った。
posted by kandk55 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

金曜日・古本

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

ここに、一冊の本を持っている。

「 カーマ・スートラ 」
エロチカ文庫3
著者→福田和彦
発行所→KKベストセラーズ
1996年3月5日・初版
定価・950円

ネットによれば、長崎市の古本屋にあるらしい。
600円とか1000円の値段がついている。

カーマ・スートラといえば、私の年代では、小学生から知っていた。
何の本か?
もちろん、大人の男女の本である。

こういう本は、時間が経っても、値崩れはしないらしい。
片面は、著者の執筆。
もう片面は、カラーで、男女の絡み合いが、絵になっている。
立体化した絵ではなく、どこかエジプトの平面的な絵だ。
近代で言えば、ゴーギャンの絵に似ていると思う。
私の好みの挿絵だ。

求める人がいれば、増刷する筈だ。
求める人がいないから、絶版しているのだろう。
絶版しているから、値段が高いのか?
ネットで、「free indian sex 」で検索すれば、無料・無修正の画像や動画が見れるから本など必要としないのか?

ネットでは「カーマ・スートラ」が見れないから、値段が高いのか?

どうして値崩れしないか解からないが、初版本は、増刷本より値段が高いから、これからも楽しみだ。 
posted by kandk55 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜日・一言

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

海外からのアクセス解析について報告します。
アクセスされた言葉の順位です。

@位 big dikz
A位 black Monsterz
B位 ingrid rouif

@とAは、黒人さんの偉大な持ち物についてです。
検索している人は、多いです。
Bは、有名人・セレブではないかと思います。

何回見ても、黒人さんは、大きい器官をお持ちですね。
うらやましい。

posted by kandk55 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

月曜日・古本

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

今、私が手にしている古本。
1998 年3 月25日、初版、素人投稿編集部編、マドンナ社発行、「素人投稿 5」。定価 495円。

ネットで検索してみたら、絶版。
九年も前だから、無理もない。

これを買った時、思わず勃起したものだ。
懐かしいエロ本。

内容は、ここで書けないほど、エロい。
知りたいと思う人は、メールください。
買おうとしても、在りませんよ。

posted by kandk55 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

火曜日・ エロ本

メル友になりませんか。
「リンク」からメールください。

今、手にしているのは、月刊「ホームトーク」編集部編・1999年12月3日、初版の「告白手記・私の性体験 E」である。
ネットで探したら、「現在ご注文できません」となっている。
他の本は、在庫があるのに、この本だけ「在庫無し」である。

エロ本というのは、こんな形で、証明されるのではなかろうか。

誰にとっても、それぞれのエロ本がある。
だが、みながエロ本と認めるものは、絶版とかなんとかなっており、古本屋で探すしかないし、古本屋に在るとは限らない。

金を払い、今すぐ手に入れたい。
明日は、店頭に無いかもしれない。
そんな思いで、エロ本を買うのだが、いつも店頭に在る本を見ると、「シマッタ。失敗だ」と思う。
限られた金で、時間を読まなくてはならぬところに面白味がある。
エロ本には、季節と同じく「旬」がある。
その時しか買えない場合だってある。

海外のエロ本も持っているが、この場合は、何も解からず、買った。買いまくった。
こんな場合は、意外と楽かもしれない。
買ってしまったら、在庫が無くなるのは明白だからだ。
だから、「旬」は今だと判断しやすい。

現在、ネットで探してみて、もちろん、欲しいものもあるが、「注文できません」の本が、自分の手元に在るという事も多い。
そんな時、自分の判断は、正しかったと思う。

しかし、どれだけ失敗してきたことか。
半分くらい金を返してくれたら、もっと買ってもいいが。
posted by kandk55 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする