2016年02月28日

2016/2/28。自民党が憲法九条改正を言い出した

私は、「 原発ゼロ 」の民意が理解不能な自民党に幻滅していたが、最近、次のような出来事があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160227-00000025-mai-pol

<中谷防衛相>憲法9条改正、自衛隊の明確な位置付けが必要
毎日新聞 2月27日(土)11時16分配信
 ◇テレビ東京の番組収録で

 中谷元(げん)防衛相は27日午前、テレビ東京の番組で、憲法改正について「自衛隊の存在は意見が分かれる状態だ。国の安全保障の基本的なところは、国民に分かりやすいように制定すべきだ」と述べ、戦力不保持を規定した憲法9条を改正し、自衛隊を明確に位置付ける必要があると指摘した。

 ただ、中谷氏は「具体的な改正案を各党で議論し、(国民に)提案すべきだ。時間をかけて丁寧に議論し、決めるべき問題だ」と述べ、具体的な改正項目は夏の参院選の争点にならないという見方も示した。

 安倍晋三首相も3日の衆院予算委員会で9条改正に言及している。【村尾哲】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160219-00000047-mai-pol


<島尻北方担当相>「歯舞」言葉に詰まっただけ 政府答弁書

毎日新聞 2月19日(金)18時14分配信

<島尻北方担当相>「歯舞」言葉に詰まっただけ 政府答弁書


 政府は19日の閣議で、島尻安伊子沖縄・北方担当相が北方四島の一つである「歯舞(はぼまい)」群島を読めなかったことに関し、「読み方を知らないという事実はない」とする答弁書を決定した。

 島尻氏は9日の記者会見で、北方領土の元島民らでつくる「千島歯舞諸島居住者連盟」の団体名を資料を見ながら読み上げる際、「はぼ、えー、何だっけ」と一瞬考え込み、秘書官に「はぼまい」と教えられた。

 答弁書は、同団体は「千島連盟」という略称が使われることが多いとした上で、「(島尻氏が)正式名称を使用しようとした際に言葉に詰まっただけ」としている。維新の党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に答えた。【樋口淳也】



2016/2/28、私の考え



最近、自民党は、中国の武力行使を理由に、先ほど「 安保法案 」を可決した勢いで、戦力放棄を明言する憲法九乗を改正しようと画策を始めた。

「 安保法案 」が国会に招かれた憲法学者をはじめとする知識人に「 違憲 」と言われたにもかかわらず、憲法に「 戦力放棄 」が明言されているにもかかわらず、自民党の内閣は、従来の憲法解釈から踏み出て、戦争可能な戦力を持つ「 自衛隊 」にしようとしている。

これでは、自衛隊は、戦前の軍隊に逆戻りではないか。

もっとも、安倍氏の先祖は、「 戦犯 」であるから、その道が好きなのかもしれないが、憲法を遵守する「 特別公務員 」たる総理大臣や国会議員がすべきことなのか?

公務員になる前に「 憲法遵守 」を宣誓するが、あれもこれも、「 嘘 」だったのか?

民意の反映をいう前に、自民党は、公務員ではなく、利権で動く「 おっさんやおばさん 」に過ぎなかったことは、甘利大臣の汚職、上の二人の「 お大臣 」の知識不足からも容易に推察できる。

中国の武力行使に対する「 安保法制 」は認めるにしても、戦争による武力行使を否定した「 健保九乗 」を改正しようとする「 自民党 」に、私は強い危険課感を持つ。
posted by kandk55 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434357644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック