2014年05月18日

2014/5/18、オカルト・エーテル考28・死ぬこと生きること

最近、テレビで、人間は空間の中で生きているという話がありました。

普通に考えると、空間が無ければ、肉体も無く、私が言う「 小脳の運動可能性 」も無いのですが、空間さえあれば、肉体は死んでも、生きているという話です。

普通に考えた「 生きること 」は、肉体も持ち、呼吸もする状態ですが、「 生きること 」は、もっと広い範囲で捉える必要があると思います。

空間とは「 エーテル 」に満ちていて、エネルギーに満ちていて、呼吸が止まり「 死んだ 」と思っても、空間のエーテルの中に「 生 」のエネルギーが残っていると思います。
ちょうど、「 エネルギー保存の法則 」のように。

それは「 霊 」といっても良いでしょう。

人間は霊長類の最高の形態だから「 霊 」として残るから、昔から伝わるように、僧侶の「 弔いの念仏 」が必要なのでしょう。

僧侶が「 弔いの念仏 」をしても、「 生 」のエネルギーがある限り、「 生きている 」と思います。

太陽が光を放つように、死後の「 生 」のエネルギー、言い換えれば「 魂 」は、四方八方に光輪のように広がり、「 弔いの念仏 」で収束することは無いと思います。

「 魂 」は、エネルギーとして数万光年先に広がるだろうし、人の口で呼吸するエーテルと共に、他人の生きた身体の中にあるかも知れません。

「 生きること 」を以上のように考えると、「 死ぬこと 」は呼吸が止まり、脳死の状態だと思いますが、それは「 肉体的な現象 」であり、客観的な「 死 」であり、人間が考える情(zyou)としての「 死 」であり、気(ki)としての「 生 」はまだ残っていると思います。

生と死を、現象の次元で考えると、仏陀が「 四苦 」というように、「 死 」は「 苦 」であるかも知れないが、生と死が現象の次元の「 別れ 」であるならば、本来の生死は、エーテルの次元で言えば「 区別することは出来ないもの 」であり、普通に言う「 生死 」は「 儀式 」でしかないことになると思います。

空間はエーテルやエネルギーに満ちていますから、空間さえあれば、「 生きている 」という考えには賛成します。
posted by kandk55 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

2014/5/11、オカルト・エーテル考27・自由と責任

2014/4/20、私の記事

これは、フィクションです。

このように、「 自由 」は、無(mu)を否定と考え、「 人間の悲しみ 」であると考えると、知らないという無知、自分の立つ位置が不明である無明、すべての変化を把握できない無常、などは「 自由 」から生まれる「 人間の悲しみ 」であるが、その「 自由 」は、存在論的には有(yuu)の選択であり、否定する「 自由 」で気(ki)としての無(mu)を消すことは出来ないと思います。

自殺で自分を否定することは出来るが、自殺も有(yuu)の選択であり、自分を無(mu)にすることは出来ないので、身体を持たない霊やエーテルとして続けるかも知れず、現実逃避であることは明白であると思います。

それは、空気を抜いても真空を満たすエーテルが消えないのと同じです。

弁証法などは、有(yuu)の論理であり、情(zyouu)としての無(mu)、否定としての無(mu)であり、思考の「 自由 」であるから、発生元であるエーテルを含む、気(ki)としての無(mu)で成立する事を必要とする。

それが「 科学 」であると思います。

気(ki)としての無(mu)は、否定しようが肯定しようが有(yuu)であり、エネルギーの段階の有(yuu)であり、因果や因縁の領域であると思います。

そこには、エネルギーを伴った否定は「 破壊 」ですし、エネルギーを伴った肯定は「 創造 」であり、これらが神(God)に委ねられるとは、エネルギーに委ねられることであり、頭脳の思考はエネルギーの産物であり、その頭脳から生まれた「 自由 」は、気(ki)の産物で神(God)の産物であるが、エネルギーを持たず、「 破壊 」も「 創造 」も出来ないという結論になります。

「 責任 」とは、因果の中に投入され、原因を作らざるを得ない「 人間の悲しみ 」であり、否定により他の有(yuu)を選んだ、DNA情報の結果であり、個人的な「 人間の悲しみ 」であり、善因善果、悪因悪果として行為者に帰属すると考えます。

2014/5/11、私の考え

これは、フィクションです

以上に書いた、「 責任 」とは、因果の中に投入され、原因を作らざるを得ない「 人間の悲しみ 」であり、否定により他の有(yuu)を選んだ、DNA情報の結果であり、個人的な「 人間の悲しみ 」であり、善因善果、悪因悪果として行為者に帰属すると考えるのは何故かを考えました。

私は、人間は、無意識に、個人のDNA情報を具現化するのだと思います。

「 あれかこれか 」の選択があるのは究極の不安定であり、この不安定を自分のDNA情報に合わせることを無意識にしている。

これが「 好み 」であると思います・

同一の人物や絵画や音楽などから、人それぞれに「 好み 」が分かれるのはDNA情報に合致した安定を求めることであり、この作用や機能を「 価値観 」というのだと思います。

「地球の引力や重力」と「月(Moon)の引力や重力」が違うように、個人の「 好み 」や「 価値観 」も違います。

人間は、気(ki)の無(mu)を知らず、従って真実の無(mu)や有(yuu)を知らず、大脳の判断として記憶による有(yuu)しか知らず、否定としての情(zyou)の無(mu)を「 自由 」と感じ、選択肢を否定して、肯定としての情(zyou)の有(yuu)を選んで安定することを、無意識に行動していると思います。

物事や事象は、気(ki)としての無(mu)や有(yuu)の「 必然 」の変化ですから、情(zyou)の無(mu)である「 自由 」の思考の中での変化と祖語が生じます。

物事は「 必然 」に進行し、その祖語が、DNA情報に帰属させた個人の「 責任 」となると思います。

人間は、エネルギーの領域、すなわち神(God)の領域で行為することは不可能で、エーテルや涅槃の状態で行為することは不可能で、情(zyou)の領域での行為が、エネルギーの領域の進行を代表する、すなわち、人格が行為に具現化するのであり、これは人間が避けることが出来ない「 悲しみ 」であることを意味すると思います。

個人は、個人が持つDNA情報を具現化するために「 生きている 」のであり、これが、必然的な「 宿命 」であると思います。

物事は「 必然 」に進行し、その祖語が、DNA情報に帰属させた個人の「 責任 」になるから、「 ストレス 」になり、この気(ki)の「 ストレス 」が情(zyou)である「 責任 」の意識であり、人間は無意識に、その道理を知っているから「 ストレス 」を感じるのであり、この「 ストレス 」もエネルギーの領域であることから、人格を具現化、あるいは創造する因縁の一つの要素だと思います。

「 責任 」の意識がなければ「 ストレス 」は感じず、人格形成もそこで終わっていると思います。

「 あれかこれか 」の選択があるのは究極の不安定であり、この不安定を自分のDNA情報に合わせることを無意識にしているのが「 好み 」であるなら、この「 好み 」と事象の進行との祖語が「 責任 」となると思います。

好き勝ってに行動するなら責任をとれ、というのが社会の常識でしょう。

でも、好き勝ってにしか行動することが出来ないのが「 人間 」であるかも知れません。

その裏には無知ゆえに行動する「 悲しみ 」があることも事実です。

考えているばかりでは、呼吸は出来ません。

思考の前に、行動があることは、人間の「 悲しみ 」であり「 自由 」という喜びであるかも知れません。

自分のDNA情報に修正した結果の事象との祖語は、「 責任 」として個人の「 負の財産 」として持つことが、善因善果、悪因悪果であると思います。0,
posted by kandk55 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

2014/4/27、オカルト・エーテル考26・自由と破壊と創造

2014/4/13、私の記事

これは、フィクションです。

無(mu)は、絶対無のように考えますが、そのような「 否定 」は情(zyou)である意識(大脳)で考えるのであり、過去の記憶から否定と考えるでしょうが、気(ki)としての絶対無はないと思います。

大脳の情(zyou)でエーテルを否定しても、小脳では気(ki)であるエーテルを必須としている。

人間は無(mu)も有(yuu)も証明することは出来ず、情(zyou)では判断することが出来ず、ただ無(mu)を否定と考えるしか方法はないが、実際はすべてが有(yuu)であり、気(ki)としての無(mu)は有(yuu)であり、それがエーテルであると考えます。

人間は無(mu)を経験したことは無く、記憶もないのに「 否定 」と規定し、経験して記憶しているエーテルを無(mu)であると規定します。
………(中略)……
「 自由 」と「 必然 」は言葉の遊びではなく、無(mu)を否定と考えるのか、あるいは情(zyou)である意識で把握することが出来ない、気(ki)としての実有(zitsuyuu)を認めるかの問題だと思います。

空気と判別することが出来ないエーテルがあるように、情(zyu)では判別する事が出来ない実有(zitsuyuu)が有るから、「 存在 」という意識が生じると思います。

私は「 存在 」とは意識であり、意識から離れた「 存在 」は無(mu)であり、実有(zitsuyuu)であるエーテルであり、それが、「 存在意識 」を生じさせ、エネルギー(神)を伝達するのだと考えています。

宇宙の構造は理解できませんが、エネルギー(神)の身体であるエーテルは宇宙に満ちていると思います。

そのエーテルが、人間の思考の中に存在しないことが、人間の悲しみだと思います。

そのエーテルを無(mu)という否定の意味、あるいは「 自由 」という意味に考えるのが人間の思考。


2014/4/20、私の記事

これは、フィクションです。

このように、「 自由 」は、無(mu)を否定と考え、「 人間の悲しみ 」であると考えると、知らないという無知、自分の立つ位置が不明である無明、すべての変化を把握できない無常、などは「 自由 」から生まれる「 人間の悲しみ 」であるが、その「 自由 」は、存在論的には有(yuu)の選択であり、否定する「 自由 」で気(ki)としての無(mu)を消すことは出来ないと思います。

自殺で自分を否定することは出来るが、自殺も有(yuu)の選択であり、自分を無(mu)にすることは出来ないので、身体を持たない霊やエーテルとして続けるかも知れず、現実逃避であることは明白であると思います。

それは、空気を抜いても真空を満たすエーテルが消えないのと同じです。

弁証法などは、有(yuu)の論理であり、情(zyouu)としての無(mu)、否定としての無(mu)であり、思考の「 自由 」であるから、発生元であるエーテルを含む、気(ki)としての無(mu)で成立する事を必要とする。

それが「 科学 」であると思います。

気(ki)としての無(mu)は、否定しようが肯定しようが有(yuu)であり、エネルギーの段階の有(yuu)であり、因果や因縁の領域であると思います。

そこには、エネルギーを伴った否定は「 破壊 」ですし、エネルギーを伴った肯定は「 創造 」であり、これらが神(God)に委ねられるとは、エネルギーに委ねられることであり、頭脳の思考はエネルギーの産物であり、その頭脳から生まれた「 自由 」は、気(ki)の産物で神(God)の産物であるが、エネルギーを持たず、「 破壊 」も「 創造 」も出来ないという結論になります。

「 責任 」とは、因果の中に投入され、原因を作らざるを得ない「 人間の悲しみ 」であり、否定により他の有(yuu)を選んだ、DNA情報の結果であり、個人的な「 人間の悲しみ 」であり、善因善果、悪因悪果として行為者に帰属すると考えます。

「 必然 」は因果の領域、エネルギーの領域、神(God)の領域であり、「 創造 」も「 破壊 」も包摂し、否定としての「 自由 」を包摂すると考えます。

2014/4/27、私の考え

これは、フィクションです。

このように、「 自由 」と「 必然 」と「 破壊 」と「 創造 」は、無(mu)を介在することにより、リンクしていると思います。

「 自由 」は無(mu)ですが、気としての無(mu)ではなく、情(zyou)として、記憶で考える無(mu)であり、「 破壊 」や「 創造 」が「 自由 」によって可能なのは、それぞれ、情(zyou)としての「 破壊 」や「 創造 」であり、目で見える物の範囲に限られ、気(ki)としての「 破壊 」や「 創造 」は「 自由 」ではなく「 必然 」であると思います。

「 形ある物 」の破壊や創造は可能ですが、「 形が無い 」破壊や創造は、人間の目には「 無常 」や「 無明 」と現前し、人知が及ばない「 エネルギーの変化 」であり、神(God)の領域だと思います。

前者は、記憶による大脳の範囲であるのに対し、後者は大脳を機能させるエネルギーの範囲ですから、「 自由 」によう否定も肯定も後者に包摂され、前者の無(mu)は「 自由 」による否定であり、破壊であり、他の物の存在の肯定であり、後者の気(ki)としての無(mu)を選択することは出来ず、破壊も肯定もできず、空気を抜いても真空があるように、有(yuu)の形態を変えるだけだと思います。

真空自体も無(mu)ではなく、無(mu)と考えるのは、エーテルを含まない思考の中の「 否定 」であり、真空状態の有(yuu)が、人の死後も残る永遠の有(yuu)であるのかも知れません。

無(mu)を知らず、「 破壊 」も「 創造 」もできない人間が、無(mu)になることは出来ません。

「 破壊 」や「 創造 」ではなく「 変化 」しか許されないのが「 人間の悲しみ 」だと思います。

「 自由 」や「 破壊 」や「 創造 」を欠いて人は生活することは出来ませんが、これは形ある物を「 否定する自由 」であることを考えるべきだと思います。

生物的には新陳代謝でしょうし、社会的には世論や価値観の変化だと思います。

この「 自由 」と「 破壊 」と「 創造 」は、「 心 」の問題にもあてはまるように思います。

なぜなら、「 心 」は無意識(muisiki)であり、情(zyou)や気(ki)の無(mu)と結びつき、その両方から影響されるが、「 心 」が変化しても、無(mu)になることは無いと思います。

例えば、金銭の力により結婚したとしても、彼女の「 心 」を奪っても、無(mu)にすることは出来ず、金銭で離婚の清算をしても、「 心 」が結婚前の無(mu)に戻ることは出来ません。

「 無心 」(musin)と言いますが、これは「 心 」をは何かに集中していることで、「 心 」が無(mu)になったとしても、それは頭の中のエーテルがない否定の無(mu)であり、徹底的に否定しても、気(ki)の無(mu)は依然としてあるのです。

人が死んでも、無(mu)になることは無く、「 心 」や魂というエネルギーは保存法則に従い、エーテルの中のエネルギーとして宇宙のどこかに保存されるかも知れません。

私が「 輪廻転生 」と言うのも、この残存する生命エネルギーが生物の中で循環すると思うからです。

そのエネルギーは数億光年も先にあるのか、極楽にあるのか地獄にあるのか、あるいは吸い込む呼吸の中にあるのかは知りませんが、必要なとき、必要な生物に、魂が憑依するのだと思います。
posted by kandk55 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

2014/4/20、オカルト・エーテル考25.破壊と創造

2014/4/13、私の記事

これは、フィクションです。

無(mu)は、絶対無のように考えますが、そのような「 否定 」は情(zyou)である意識(大脳)で考えるのであり、過去の記憶から否定と考えるでしょうが、気(ki)としての絶対無はないと思います。

大脳の情(zyou)でエーテルを否定しても、小脳では気(ki)であるエーテルを必須としている。

人間は無(mu)も有(yuu)も証明することは出来ず、情(zyou)では判断することが出来ず、ただ無(mu)を否定と考えるしか方法はないが、実際はすべてが有(yuu)であり、気(ki)としての無(mu)は有(yuu)であり、それがエーテルであると考えます。

人間は無(mu)を経験したことは無く、記憶もないのに「 否定 」と規定し、経験して記憶しているエーテルを無(mu)であると規定します。

「 自由 」には「 責任 」が有ると申します。

{ 自由 」と「 必然 」と申します。

これらは、何でしょうか?

人間の思考は否定する「 自由 」があるが、エーテルが欠如していて、エーテルが無いから「 責任 」があるのだと思います。

もしも、思考がエーテルを所持し、「 必然 」の行為をすれば、「 宿命 」や「 運命 」であり、「 責任 」は考えなくても良いのだと思います。

人間の思考で無(mu)を否定と考えることが出来て、それが「 自由 」であるが、エーテルという実有を考えていないから、実有であり必然であるエーテルを含んだ「 必然 」が構成する「 責任 」を社会的に負わされていると考えます。

「 自由 」と「 必然 」は言葉の遊びではなく、無(mu)を否定と考えるのか、あるいは情(zyou)である意識で把握することが出来ない、気(ki)としての実有(zitsuyuu)を認めるかの問題だと思います。

空気と判別することが出来ないエーテルがあるように、情(zyu)では判別する事が出来ない実有(zitsuyuu)が有るから、「 存在 」という意識が生じると思います。

私は「 存在 」とは意識であり、意識から離れた「 存在 」は無(mu)であり、実有(zitsuyuu)であるエーテルであり、それが、「 存在意識 」を生じさせ、エネルギー(神)を伝達するのだと考えています。

宇宙の構造は理解できませんが、エネルギー(神)の身体であるエーテルは宇宙に満ちていると思います。

そのエーテルが、人間の思考の中に存在しないことが、人間の悲しみだと思います。

そのエーテルを無(mu)という否定の意味、あるいは「 自由 」という意味に考えるのが人間の思考。

そんな思考を所持していることが、人間の悲しみだと思います。

人間は無(mu)を経験したことは無く、記憶もないのに「 否定 」と規定し、経験して記憶しているエーテルを無(mu)であると否定する人間の悲しみ。

死んだら終わりと考える悲しみ。

それが、無知や無明や無常という表現になるのだと思います

2014/4/20、私の考え

これは、フィクションです。

このように、「 自由 」は、無(mu)を否定と考え、「 人間の悲しみ 」であると考えると、知らないという無知、自分の立つ位置が不明である無明、すべての変化を把握できない無常、などは「 自由 」から生まれる「 人間の悲しみ 」であるが、その「 自由 」は、存在論的には有(yuu)の選択であり、否定する「 自由 」で気(ki)としての無(mu)を消すことは出来ないと思います。

自殺で自分を否定することは出来るが、自殺も有(yuu)の選択であり、自分を無(mu)にすることは出来ないので、身体を持たない霊やエーテルとして続けるかも知れず、現実逃避であることは明白であると思います。

それは、空気を抜いても真空を満たすエーテルが消えないのと同じです。

弁証法などは、有(yuu)の論理であり、情(zyouu)としての無(mu)、否定としての無(mu)であり、思考の「 自由 」であるから、発生元であるエーテルを含む、気(ki)としての無(mu)で成立する事を必要とする。

それが「 科学 」であると思います。

気(ki)としての無(mu)は、否定しようが肯定しようが有(yuu)であり、エネルギーの段階の有(yuu)であり、因果や因縁の領域であると思います。

そこには、エネルギーを伴った否定は「 破壊 」ですし、エネルギーを伴った肯定は「 創造 」であり、これらが神(God)に委ねられるとは、エネルギーに委ねられることであり、頭脳の思考はエネルギーの産物であり、その頭脳から生まれた「 自由 」は、気(ki)の産物で神(God)の産物であるが、エネルギーを持たず、「 破壊 」も「 創造 」も出来ないという結論になります。

「 責任 」とは、因果の中に投入され、原因を作らざるを得ない「 人間の悲しみ 」であり、否定により他の有(yuu)を選んだ、DNA情報の結果であり、個人的な「 人間の悲しみ 」であり、善因善果、悪因悪果として行為者に帰属すると考えます。

「 必然 」は因果の領域、エネルギーの領域、神(God)の領域であり、「 創造 」も「 破壊 」も包摂し、否定としての「 自由 」を包摂すると考えます。

「 必然 」は運命であり宿命であり、神(God)の領域ですから、「 自由 」の及ぶところではなく、地球が宇宙のエーテルに包まれているように、「 自由 」も「 一つの契機 」として含まれ、それが縁(en)であると思います。

結婚は、地縁(chen)や血縁(ketsuen)などの縁(en)で成立します。

本人たちが、恋することも縁(en)、相思相愛も縁(en)ですが、経済状態や血縁者の反対が無いことも縁(en)であり、すべてが整ったとき良縁(ryouen)となり、結婚するのだと思います。

その縁(en)が欠けても強行して結婚したとき、その人の本性に任せて縁(en)を否定し、「 自由 」に行為したのですから、「 責任 」は当事者が負うことになります。

このように結婚は縁(en)で決まりますから、「 破壊 」や「 創造 」や縁(en)の領域である神(God)の前で婚姻するのだと思います。

善因善果、悪因悪果というように、良縁(ryouen)であれば末永く婚姻状態が続くでしょうし、縁(en)に欠陥があれば。離婚、離縁(rien)になるでしょう。
posted by kandk55 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

2014/4/13、オカルト・エーテル考24・存在の謎と自由と必然

2014/1/19、私の記事


これは、フィクションです。


上記のように、宇宙を満たすエーテルを無限の「 弦 」や膜と考え、エネルギーはプラスとマイナスを持つ「 神 」と考え、プラスが「 男神 」でマイナスが「 女神 」と考え、物質は「 弦 」であると考え、この世界は「 エーテル 」を必須とする。

これに対し、人間が持つ「 意識 」はエネルギーであり、その内容である「 思想 」「 内なる世界 」は、エーテルを考慮しない、あるいは認識することが出来ない世界である。

そのため、頭脳は「 永遠 」に「 無明 」であり、事象を「 無常 」と考え、宇宙と一致しないと思います。

下記のように「 存在の謎 」でいう「 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」については、現代物理学では完全な無(絶対無)というものは物理的に存在せず、「 無(mu) 」は、実有する「 エーテル 」であり、宇宙は「 無(mu)」に満たされ、「 無(mu)」に包摂されて「 有 」があり、「 有 」や「 実体 」と認識するのは、「 弦 」のエネルギーが集合した物体であると考え、「 エーテル 」という弦が存在するから、エネルギーから物体、逆に物体からエネルギーへと変換できると思います。

「 弦 」の集合の成立は、前述したようにプラズマ宇宙論を考えます。

この「 無(mu) 」つまり「 エーテル 」が実有するのに対し、人間の頭脳では「 エーテル 」を考慮しない、あるいは認識することが出来ないため、「 無明(mumyou)」や「 無常(muzyou) 」という観念が発生するのだろうと思います。

インドにおいては「存在しない事」を「無が存在する」というらしいが、私は「 無が存在する 」のではなく「 エーテルが存在する 」と考えます。

2014/4/13、私の考え

これは、フィクションです。

無(mu)は、絶対無のように考えますが、そのような「 否定 」は情(zyou)である意識(大脳)で考えるのであり、過去の記憶から否定と考えるでしょうが、気(ki)としての絶対無はないと思います。

大脳の情(zyou)でエーテルを否定しても、小脳では気(ki)であるエーテルを必須としている。

人間は無(mu)も有(yuu)も証明することは出来ず、情(zyou)では判断することが出来ず、ただ無(mu)を否定と考えるしか方法はないが、実際はすべてが有(yuu)であり、気(ki)としての無(mu)は有(yuu)であり、それがエーテルであると考えます。

人間は無(mu)を経験したことは無く、記憶もないのに「 否定 」と規定し、経験して記憶しているエーテルを無(mu)であると規定します。

「 自由 」には「 責任 」が有ると申します。

{ 自由 」と「 必然 」と申します。

これらは、何でしょうか?

人間の思考は否定する「 自由 」があるが、エーテルが欠如していて、エーテルが無いから「 責任 」があるのだと思います。

もしも、思考がエーテルを所持し、「 必然 」の行為をすれば、「 宿命 」や「 運命 」であり、「 責任 」は考えなくても良いのだと思います。

人間の思考で無(mu)を否定と考えることが出来て、それが「 自由 」であるが、エーテルという実有を考えていないから、実有であり必然であるエーテルを含んだ「 必然 」が構成する「 責任 」を社会的に負わされていると考えます。

「 自由 」と「 必然 」は言葉の遊びではなく、無(mu)を否定と考えるのか、あるいは情(zyou)である意識で把握することが出来ない、気(ki)としての実有(zitsuyuu)を認めるかの問題だと思います。

空気と判別することが出来ないエーテルがあるように、情(zyu)では判別する事が出来ない実有(zitsuyuu)が有るから、「 存在 」という意識が生じると思います。

私は「 存在 」とは意識であり、意識から離れた「 存在 」は無(mu)であり、実有(zitsuyuu)であるエーテルであり、それが、「 存在意識 」を生じさせ、エネルギー(神)を伝達するのだと考えています。

宇宙の構造は理解できませんが、エネルギー(神)の身体であるエーテルは宇宙に満ちていると思います。

そのエーテルが、人間の思考の中に存在しないことが、人間の悲しみだと思います。

そのエーテルを無(mu)という否定の意味、あるいは「 自由 」という意味に考えるのが人間の思考。

そんな思考を所持していることが、人間の悲しみだと思います。

人間は無(mu)を経験したことは無く、記憶もないのに「 否定 」と規定し、経験して記憶しているエーテルを無(mu)であると否定する人間の悲しみ。

死んだら終わりと考える悲しみ。

それが、無知や無明や無常という表現になるのだと思います。
posted by kandk55 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

2014/4/6、オカルト・エーテル考23・エネルギー

これは、フィクションです。

これまで書いて来たことを、そのまま要約する自信はありませんが、思いつくことを書いておきます。

自我を考えるとき、変わらない自我と絶えず変化する人体があり、人体は宇宙の一部であり、宇宙に連続すると考えました。
自我とは意識であり、その下には無意識があると考え、時間や空間は意識であり、電磁波の構造だと考えました。
しかし、その後、意識と無意識は、まったく別物で、無意識はエーテルの中のエネルギーを感じて「 力 」として働き、意識はエーテルを感じることは出来ず、合理性だけを追求し、エーテルは「 無 」と規定すると考えました。
時間や空間は意識として、「 合理的 」に存在し、この「 存在 」も意識であると考えました。
存在物は素粒子でしょうが、それは「 弦 」の集合であり、「 弦 」という形態がエネルギーを運ぶ形態であり、意識は説明できないと思います。
無意識(muisiki)は意識から見れば「 無(mu) 」であると思います。
ところが、無意識(muisiki)が感じる「 エーテル 」や「 エネルギー 」こそが人体と宇宙を結び、連続するものだと考えました。
意識としての時間や空間は合理的ですが、エーテルやエネルギーの時間や空間は、合理的ではなく、「 無(mu) 」であると考えるのだと思います。
あとで考えたのですが、宇宙を満たすエーテルが神の身体である法身(hotsusin)であり、エネルギーが神であり、人体の中では「 気(ki」として現れ、宇宙と連続するのに対し、意識は神が変化した情(zyou)なのですが、意識を生むエーテルやエネルギーを合理的に説明することは出来ず、ストレスや快感などとしか説明するしかなく、その原因は意識は記憶から生まれることだと思います。
時間意識や空間意識は記憶から生まれた感情である情(zyou)であり、時間は記憶ですが、記憶を生む「 空間 」であるエーテルは未だに解明できていないと思います。
この、エーテルやエネルギー、即ち神を解明するのは、宗教という情(zyou)ではなく、科学という数式だと思います。
数式は情(zyou)ではないからです。
そして、ゴーギャン考のところでも書きましたように、人間は無明(mumyou)から生まれ無明に消えていくと考え、無明や無常(muzyou)は何かを考えました。
そこから、「 無(mu) 」は意識の中だけにあり、宇宙はすべて「 有(yuu)」であり、エネルギー保存の法則があるように、神と神の身体はどんな変化があっても、保存されると思います。
その結果、「 死んだら終わり 」ではなく、「 死んでも有り続け、保存される 」から、自殺は現状からの逃避であり、「 無(mu) 」にはならないということです。
「 無明(mumyu) 」は「 何かが有る 」状態であり、「 無(mu) 」にはならないと考えます。
死んだら、人体は崩壊し、エネルギーとエーテルになるでしょうが、エーテルを、科学で考えるように「 無(mu) 」であると考えますと「 死んだら終わり 」であり、間違いだと思います。
エーテルを「 有(yuu)」と考え、宇宙のすべてが「 有(yuu)」であり、呼吸する空気と共にエーテルも人体の中に取り込んでいるのであり、その空気の中のエーテルは数億光年も先と連続し、神は数億光年から人体まで連続していることになります。
そうすることにより、子どもたちに「 死んだらお星さまになる 」とか「 死んだら、あなたのそばで、見守ってあげる 」ということも、真実になるのだと思います。
この、エネルギーは気(ki)であり、生気論(seikiron)に繋がり、プラズマ宇宙論に繋がり、プラズマが神ではないかと考えています。
その意味で、神、すなわち気(ki)の前で平等であり、情(zyou)である宗教の神の前で平等とは書きません。
posted by kandk55 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

2014/3/16、オカルト・エーテル考22・価値観と満足感5

2014/3/1、私の記事

これは、フィクションです

これまで書いて来たことを振り返りますと、意識は電磁波の構造を持ち、電場はエネルギーの領域で「 空間意識 」であり、磁場は精神の領域であり、「 時間意識 」であると思います。

時間や空間は、「 今、ここ 」を超越するエーテルであり、意識の中では、無(mu)あるいは有(yuu)を把握することが不能であり、無(mu)をエネルギー(電場)で区切って実体化し、具現化したのが「 空間意識 」で、精神(磁場)で区切って実体化し、具現化したのが「 時間意識 」と考えます。

無(mu)は、エーテルであり、法身(hotsusin)の無(mu)を媒介にして、宇宙からのエネルギーがストレスとして体内に摂取され、その飽和点が「 満足感 」であり、その一定の「 定在波 」が「 人格 」として、行為となって外部に具現化すると思います。

「 定在波 」である「 人間関係 」に「 価値観 」という精神が満足したのが「 六道 」の人間であると思います。

満足感は「 六道 」の一つの「 定在波 」であり、他の「 定在波 」に乗り換えたいと思うとき、「 価値観 」の変化が必要であると思います。

例えば、タバコの喫煙や大麻の喫煙の習慣や人間関係から逃れる行為をするとき、「 価値観 」の変化が求められます。

2014/3/2、私の記事

これは、フィクションです。

情(zyou)は、地球、国家、地域、社会、DNAなどにより、相違しますが、意識の構造を、以上のように考えたとき、情(zyou)についても、「 満足感 」と「 価値観 」で考えることにします。

「 満足感 」は、「 好き 」や「 嫌い 」や「 大小 」などのベクトルやストレスや「 感情 」や感性であり、電場、つまり空間のエネルギーや「 小脳 」に関係すると考えます。

「 価値観 」は、「 満足感 」を選択する基準であり、精神、磁場、記憶などの大脳に関連し、時間意識に関係すると思います。

「 電場 」は、共通のエネルギーであるのに対し、「 磁場 」は「 テンソル計算 」でもわかるように、一定の磁場は無いと思います。

「 満足感 」は自己中心的で動物的であるのに対し、「 価値観 」は社会的で精神的であると思います。

それゆえに、「 満足感 」の「 教育 」は必要でないのに対し、「 価値観 」は万人が相違するため、「 教育 」が必要であると思います。

「 満足感 」や感性などは、「 感じるもの 」であり、「 感受性 」の問題であるのに対し、「 価値観 」や精神は「 思考するもの 」であり、「 記憶 」の問題で、前者は「 エーテル 」を含む無意識(muisiki)であり、後者は、「 エーテル 」を無視する意識(無(mu)という記憶は無い)に特有のものだと思います。

これらは、電磁波のごとく、繰り返して意識に惹起し、意識が無意識から生じるように思いますが、実際は領域が違い、無意識から意識が生じると思うのは、意識も無意識も、「 心 」や「 行為 」から生じるからだと思います。

その「 電磁波 」の「 定在波 」が、満足し安心した軌道であり、心が生む行為であり、「 人格 」であることは、以前に述べました。

2014/3/16、私の考え

これは、フィクションです。

このように、「 意識 」を電磁波の構造と捉え、電場を気(ki)であるエネルギーや空間意識、磁場を情(zyou)である思考や価値観や時間意識と考え、電場が小脳、磁場が大脳が担当し、この妥協点が「 行為 」や「 人格 」と考えると、愛情や憎悪が際限なく進むのは、電磁波が進むことと同じだと思います。

それは、次のようになると思います。

「 好き 」や「 嫌い 」というエネルギーが小脳で「 満足感 」を感じ「 人格 」が形成された後、大脳で、この「 満足感 」を否定して「 もっと好き 」や「 もっと嫌い 」を増幅させ、それに対応した「 価値観 」を形成し、その後、小脳で、現状に対しストレスというエネルギーを形成し、「 自然界 」には存在しない、愛情や憎悪が増幅することになると思います。

愛情や憎悪の増幅を止めるのは、行為や人格として「 具現化 」することではなく、電磁波を逆に進めることだと思います。

電場、つまり好き嫌いという気(ki)である感情や感性を止めると、小脳が「 満足感 」を感じず、ストレスを感じて病気になるから、情(zyou)を変化させることであり、情(zyou)とは思考であり悟性であるから、記憶の考え方を変化させることであり、社会通念や価値観を変化させること、つまり「 相手の愚行を許すこと 」で、電磁波であり意識の進行方向を逆にすることが出来ると思います。

嫌いだから「 ヘイトスピーチ 」を発するのではなく、相手の行動の価値観を許すことが必要で、それは相手の言うとうりに「 行為 」して妥協点(人格や政策決定)をつくるのではなく、地球の重力(価値観)と月の重力(価値観)が違い、それによって行為が違うように、本来は妥協が無く、相手の価値観を変えることは戦争など強制を必要としますが、自分の価値観を変えることは可能であり、「 価値観を変えましたよ 」と相手に告知することにより、地球から月に移動したことを、相手が持つ価値観を自覚させ、相手の価値観を変えることが出来るかも知れないと考えます。

これは、愛情や憎悪一般に適用し、個人対個人、国家対国家、に適用が可能であり、両者の思考や悟性を強化する「 教育 」を改善することが、「 政治 」だと思います。

個人は「 教育 」が出来ないから、個人のDNAの働きによる「 人格の向上 」に期待するしかないでしょう。

愛情や憎悪が進行するのは、意識に電磁波的な構造が原因であり、仏教では「 苦 」であり、思いどうりに進行しないのは、大脳で「 無(mu)」を否定と考え、「 無(mu)の存在であるエーテルや無意識(muisiki)の存在 」を考えないことであり、小脳の「 生命に関する満足感の可能性 」を考えないこと、「 相手がどのように生きて満足するのか 」を考えないことだと思います。

生命の関する満足感の可能性とは、動物同士の「 思いやり 」や「 譲り合い 」の「 精神 」であると考えます。

それは、その困った現場を脱するだけの妥協ではなく、私も必要だが、私が必要とするものを贈呈するという「 布施 」であり、相手に屈することでないことも、相手に理解させることが必要であると思います。

「 布施 」の概念は「 精神 」ですから教育することは可能であると思います。
posted by kandk55 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

2014/3/2、オカルト・エーテル考21・「 価値観 」と「 満足感 」4

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。





2014/2/23、私の記事

これは、フィクションです。



情(zyou)は、意識であると思いますが、合理的で理性的ですが、エーテルを含まないため、無(mu)を「 否定 」と把握し、無(mu)の存在を認めないと思います。

私は、意識を電磁波的な構造と考え、電場がエネルギーの領域、磁場は精神の領域と解釈し、前者に「 満足感 」で後者に「 価値観 」を当てはめ、「 価値観 」という精神の柱に沿って、「 満足感 」を中心とするエネルギーが変化した実体の「 関係 」があると考えます。

例えば、台風やハリケーンのように、何層もの低気圧(これを関係と考えます)を縦に重ねたような構造が、思考であると考えます。

見るもの聞くもの、五感すべてから取り入れる「 好き 」や「 嫌い 」や「 大小 」という知覚は、電場、つまりエネルギーの関係で安定し、無意識を中心とした「エーテル 」の影響がある安定であるのに対して、「 価値観 」は物と物を秩序づけるエネルギーで合理的で過去の記憶や社会的規範の影響があるエネルギーだと思います。

「 知覚 」から生じる感情や「 価値観 」は行動するための合理的精密機械のようなものですが、「 エーテル 」を含まないため、無(mu)を「 否定 」と考えるため、無(mu)が有(yuu)として有る自分の外部の関係に触れると、エーテルを「 否定 」と考えるため、思ったように事態は進まず、「 ストレス 」が蓄積された状態になると考えます。


つまり、現実を知覚すれば、ストレスになると考えます。



2014/3/1、私の記事




これは、フィクションです



これまで書いて来たことを振り返りますと、意識は電磁波の構造を持ち、電場はエネルギーの領域で「 空間意識 」であり、磁場は精神の領域であり、「 時間意識 」であると思います。

時間や空間は、「 今、ここ 」を超越するエーテルであり、意識の中では、無(mu)あるいは有(yuu)を把握することが不能であり、無(mu)をエネルギー(電場)で区切って実体化し、具現化したのが「 空間意識 」で、精神(磁場)で区切って実体化し、具現化したのが「 時間意識 」と考えます。

無(mu)は、エーテルであり、法身(hotsusin)の無(mu)を媒介にして、宇宙からのエネルギーがストレスとして体内に摂取され、その飽和点が「 満足感 」であり、その一定の「 定在波 」が「 人格 」として、行為となって外部に具現化すると思います。

「 定在波 」である「 人間関係 」に「 価値観 」という精神が満足したのが「 六道 」の人間であると思います。

満足感は「 六道 」の一つの「 定在波 」であり、他の「 定在波 」に乗り換えたいと思うとき、「 価値観 」の変化が必要であると思います。

例えば、タバコの喫煙や大麻の喫煙の習慣や人間関係から逃れる行為をするとき、「 価値観 」の変化が求められます。

科学は実験により正当性を保つように、精神である「 思想 」も実践で正当性を保つというのは、「 科学的に考える 」のでは無く、精神(磁場)そのものが行為(電場)により両端を結合されている「 弦 」の「 定在波 」である構造であることだと思います。

「 科学的に考える 」ことが精神や人格の向上に繋がるのではなく、電場と磁場で構成されrた「 意識 」の内在的構造により、精神や人格が向上すると思います。

精神は行為するためにあると考え、現状の行為に満足しない価値観を持つことが、精神や人格の向上になると思います。

価値観が最高であるのは、無(mu)だと思います。

虚無主義の無(mu)ではなく、時間や空間の概念や意識を超越する有(yuu)を持つことです。



2014/3/2、私の考え


これは、フィクションです。



情(zyou)は、地球、国家、地域、社会、DNAなどにより、相違しますが、意識の構造を、以上のように考えたとき、情(zyou)についても、「 満足感 」と「 価値観 」で考えることにします。

「 満足感 」は、「 好き 」や「 嫌い 」や「 大小 」などのベクトルやストレスや「 感情 」や感性であり、電場、つまり空間のエネルギーや「 小脳 」に関係すると考えます。

「 価値観 」は、「 満足感 」を選択する基準であり、精神、磁場、記憶などの大脳に関連し、時間意識に関係すると思います。

「 電場 」は、共通のエネルギーであるのに対し、「 磁場 」は「 テンソル計算 」でもわかるように、一定の磁場は無いと思います。

「 満足感 」は自己中心的で動物的であるのに対し、「 価値観 」は社会的で精神的であると思います。

それゆえに、「 満足感 」の「 教育 」は必要でないのに対し、「 価値観 」は万人が相違するため、「 教育 」が必要であると思います。

「 満足感 」や感性などは、「 感じるもの 」であり、「 感受性 」の問題であるのに対し、「 価値観 」や精神は「 思考するもの 」であり、「 記憶 」の問題で、前者は「 エーテル 」を含む無意識(muisiki)であり、後者は、「 エーテル 」を無視する意識(無(mu)という記憶は無い)に特有のものだと思います。

これらは、電磁波のごとく、繰り返して意識に惹起し、意識が無意識から生じるように思いますが、実際は領域が違い、無意識から意識が生じると思うのは、意識も無意識も、「 心 」や「 行為 」から生じるからだと思います。

その「 電磁波 」の「 定在波 」が、満足し安心した軌道であり、心が生む行為であり、「 人格 」であることは、以前に述べました。

「 好き 」や「 嫌い 」も行為するためであり、「 思考 」や記憶も行為するためのものです。

行為は個人の自由であり、法によって制限するしか方法は無いと思います。

ポルノを見ることや、タバコや麻薬は、「 満足感 」がある限り止めないだろうし、やめさせるやめには、ポルノを発行禁止にしたり、タバコや麻薬を吸うことを禁じても復活するだろうから、人生に対する「 価値観 」、つまり「 死んだら終わり 」ではなく、死んでもエーテルとして有り続け、ポルノや麻薬を求める霊として迷い続け、輪廻転生するということを教育したらどうかと思う。
posted by kandk55 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

2014/3/1、オカルト・エーテル考20・価値観と満足感3小脳の可能性

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。





2014/2/23、私の記事

これは、フィクションです。



情(zyou)は、意識であると思いますが、合理的で理性的ですが、エーテルを含まないため、無(mu)を「 否定 」と把握し、無(mu)の存在を認めないと思います。

私は、意識を電磁波的な構造と考え、電場がエネルギーの領域、磁場は精神の領域と解釈し、前者に「 満足感 」で後者に「 価値観 」を当てはめ、「 価値観 」という精神の柱に沿って、「 満足感 」を中心とするエネルギーが変化した実体の「 関係 」があると考えます。

例えば、台風やハリケーンのように、何層もの低気圧(これを関係と考えます)を縦に重ねたような構造が、思考であると考えます。

見るもの聞くもの、五感すべてから取り入れる「 好き 」や「 嫌い 」や「 大小 」という知覚は、電場、つまりエネルギーの関係で安定し、無意識を中心とした「エーテル 」の影響がある安定であるのに対して、「 価値観 」は物と物を秩序づけるエネルギーで合理的で過去の記憶や社会的規範の影響があるエネルギーだと思います。

「 知覚 」から生じる感情や「 価値観 」は行動するための合理的精密機械のようなものですが、「 エーテル 」を含まないため、無(mu)を「 否定 」と考えるため、無(mu)が有(yuu)として有る自分の外部の関係に触れると、エーテルを「 否定 」と考えるため、思ったように事態は進まず、「 ストレス 」が蓄積された状態になると考えます。


つまり、現実を知覚すれば、ストレスになると考えます。



2014/3/1、私の考え




これは、フィクションです



これまで書いて来たことを振り返りますと、意識は電磁波の構造を持ち、電場はエネルギーの領域で「 空間意識 」であり、磁場は精神の領域であり、「 時間意識 」であると思います。

時間や空間は、「 今、ここ 」を超越するエーテルであり、意識の中では、無(mu)あるいは有(yuu)を把握することが不能であり、無(mu)をエネルギー(電場)で区切って実体化し、具現化したのが「 空間意識 」で、精神(磁場)で区切って実体化し、具現化したのが「 時間意識 」と考えます。

無(mu)は、エーテルであり、法身(hotsusin)の無(mu)を媒介にして、宇宙からのエネルギーがストレスとして体内に摂取され、その飽和点が「 満足感 」であり、その一定の「 定在波 」が「 人格 」として、行為となって外部に具現化すると思います。

「 定在波 」である「 人間関係 」に「 価値観 」という精神が満足したのが「 六道 」の人間であると思います。

満足感は「 六道 」の一つの「 定在波 」であり、他の「 定在波 」に乗り換えたいと思うとき、「 価値観 」の変化が必要であると思います。

例えば、タバコの喫煙や大麻の喫煙の習慣や人間関係から逃れる行為をするとき、「 価値観 」の変化が求められます。

科学は実験により正当性を保つように、精神である「 思想 」も実践で正当性を保つというのは、「 科学的に考える 」のでは無く、精神(磁場)そのものが行為(電場)により両端を結合されている「 弦 」の「 定在波 」である構造であることだと思います。

「 科学的に考える 」ことが精神や人格の向上に繋がるのではなく、電場と磁場で構成されrた「 意識 」の内在的構造により、精神や人格が向上すると思います。

精神は行為するためにあると考え、現状の行為に満足しない価値観を持つことが、精神や人格の向上になると思います。

価値観が最高であるのは、無(mu)だと思います。

虚無主義の無(mu)ではなく、時間や空間の概念や意識を超越する有(yuu)を持つことです。

呼吸する息から宇宙の果てまで、連続するエーテルが有り、死後は無(mu)になりますが、この無(mu)はエーテルであり、現実にある実有(zituyuu)であり、数億光年先から呼吸する肺の中まで、一気に移動するエーテルです。

空気とエーテルを分離することなく、呼吸している働きをするのは「 小脳 」です。

私は、「 大脳 」の精神(磁場)が、「 心 」や行為(電場)を司る「 小脳 」により「 派生 」したもので、「 小脳 」は「 必然的 」であり、「 小脳の可能性 」というとき、「 必然 」やエーテルを無(mu)としか判断することしかできない、無明(mumyou)な「 大脳 」が考える「 必然性 」と「 小脳 」の「 必然 」との相違だと思います。

「 小脳 」は生死を瞬時に判断し、必然といえるが、「 小脳の可能性 」とは「 心 」であり、エーテルを含まず、合理的な蓋然性であり、「 小脳の可能性 」を無(mu)にすることが、必然に近づくことだと思います。

自己を自然の中に消えさせることは無(mu)になることだが、自己の拡大であり(これは自殺である)、そうではなく、無(mu)を考えの中に入れることであり、絶え間ない自己崩壊が、「 小脳の可能性 」を無(mu)に近づけることだと思います。
posted by kandk55 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

2014/2/23、オカルト・エーテル考19・価値観と満足感 2

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。



2014/2/16、私の記事


これは、私の考えであり、フィクションです。


情(zyou)は、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などに関するすべての文化や精神であり、とても私には解読する力はありません。

ですから、私だけの、オリジナルな考えを書くことにします。

私は、情(zyou)を情報と考え、知識やすべての文化と考えますが、この情報は、人間の存在を前提とし、「 エーテル 」を含まない、エネルギーから派生したものと考えます。

これらは、エネルギーによって生まれ、すべてが気(ki)であるエネルギーの実体化であり、人間だけが認識が可能な合理的で体系的な「 内的世界 」であり、無(mu)は「 否定 」として無視されていると考えます。

実体と実体が、相当因果関係で結ばれ、エネルギーの段階である、「 因縁や縁起 」は無視されます。

実体と実体は不連続であり、それらは「 関係 」で結ばれるため、関係を選択することが「 実存 」というのかも知れません。

質から質を、量的変化で説明し、エネルギーの変化で説明しても、実体を認識する限り、不連続であると思います。

哲学的に、あるいは科学的に説明しても、気(ki)であるエネルギーが派生した実体の中での説明であり、無(mu)である「 エーテル 」を無視する限り、宇宙を解明することは不可能だと思います。

自分が吸い込む空気と不可分な「 エーテル 」を認識しないで、宇宙が解明されるとは思いません。

この意味で、相対論と量子力学を組み合わせた「 統一理論 」は不可能であると考えます。

私は、エネルギーが伝達される領域を「 エーテル 」と考え、この「 エーテル 」の連続を信じて、実体と実体の不連続を「 エーテル 」の連続で埋めます。

すると、私の「 内的世界 」が「 エーテル 」を媒介にして宇宙と繋がることになるでしょう。

「 エーテル 」の連続を信じることは、時空(時間意識や空間意識)を超越した、無(mu)を信じることであり、無限(mugen)を信じることです。

私は、神はエネルギーであると思いますから、無限(mugen)を信じることは、神(エネルギー)を信じることではありません。

神(エネルギー)の身体(body)を信じることであり、エネルギーが行き着く所を「 信じる 」ことであり、自分の身体から宇宙の果てまでを「 信じる 」ことです。

「 信じること 」は情(zyou)ですから、情(zyou)について考えます。

情(zyou)は、エネルギーによって生まれ、すべてが気(ki)であるエネルギーの実体化であり、人間だけが認識が可能な合理的で体系的な「 内的世界 」であり、エネルギーによる根拠があると思います。

合理的で体系的な知識に必要なのは「 価値観 」で、「 価値観 」により、上下左右や前後などの秩序が保たれると思います。

その一方で、実体を構成するのは「 弦 」です。

連続した大きな弦を、情(zyou)による、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの小さな「 弦 」で把握したのが「 実体 」で他の「 実体 」との空間(エーテル)を「 関係 」と考えます。

「 弦 」は閉じることにより感情や思想などの波動を生じますが、「 弦 」を閉じるのは、「 価値観 」ではなくて「 満足感 」であると思います。

「 満足感 」により、感情や思想が生じると思います。

「 価値観(kachikan) 」も「 満足感(manzokukan) 」も、同じ「 カン(kan) 」と発音しますが、「 価値観 」の「 カン(kan) 」は「 観る 」という漢字を当て、「 満足感 」の「 カン(kan) 」は「 感覚(kankaku) 」の「 感(kan) 」という漢字を当てます。

私は、「 価値観 」を「 重力 」と考え、「 満足感 」を、「 電気などのエネルギー 」であると考え、前者が「 秩序 」を作り、後者は「 実体 」を作ると考えます。

「 価値観 」である「 重力 」は体系内である限り、等しく存在するのに対し、「 満足感 」は「 感覚 」であり、すべての人が相違するように、個人的で等しく存在せず、各種各人、みんな違います。

前者が「 秩序 」であり、後者は「 実体 」であるのが原因だと思います。

男神を「 プラス 」、女神を「 マイナス 」と考えると、男性は男神の権化であり、女性は女神の権化であり、「 恋愛 」は両者にとって「 不安定 」な状態で、「 結婚 」あるいは「 出産 」が「 安定 」の状態であれば、「 安定 」を作り出すのは「 満足感 」であり「 価値観 」ではないと考えます。

感情や思想や人格は「 電気などのエネルギー 」であり、「 満足感 」で「 安定 」し、「 価値観 」を共有することでは「 安定しない 」と思います。

「 価値観 」は「 満足感 」を破って不安定にするのであり、「 価値観 」は常に不安定です。

「 重力 」は同じ地球の上では同じだが、同じだから「 満足感 」が同じであるとは限らない。

「 重力 」、言い換えると「 価値観 」(秩序)は同じ国、あるいは同じ家庭に住んでいるが、「 満足感 」は違う。

前者と後者はエネルギーが相違し、重力と電気が違うように、エネルギーの作用も違うし、飽和点、あるいは妥協点である「 満足感 」も違うと思います。

「 価値観 」が同じ人と結婚するのではなく、「 満足感 」が同じ人と結婚するから、「 結婚は妥協だ 」と言うのであり、「 価値観の妥協だ 」とは言いません。

プロの選手と一般人と違うのは、「 価値観 」が相違するのではなく、「 満足感 」が違うからだと思います。

このようにして、気(ki)は、情(zyou)の中に介入するのだと思います。

無(mu)は、情(zyou)の中に「 無常(muzyou)」や「 無明(mumyou)」として、無限(mugen)な無(mu)の存在として介入するのだと思います。

無(mu)を「 否定 」と解釈しないで、思考不能な無(mu)が有(yuu)として存在すると「 信じる 」ことは、人を謙虚にし、地球が回転することを受け入れるように、宇宙を受け入れることに通じると思います。

これは、現実でも、空気を抜いて真空にしても、エネルギーを通す空間を否定することは出来ないことからも、明らかだと思います。



2014/2/23、私の考え

これは、フィクションです。



情(zyou)は、意識であると思いますが、合理的で理性的ですが、エーテルを含まないため、無(mu)を「 否定 」と把握し、無(mu)の存在を認めないと思います。

私は、意識を電磁波的な構造と考え、電場がエネルギーの領域、磁場は精神の領域と解釈し、前者に「 満足感 」で後者に「 価値観 」を当てはめ、「 価値観 」という精神の柱に沿って、「 満足感 」を中心とするエネルギーが変化した実体の「 関係 」があると考えます。

例えば、台風やハリケーンのように、何層もの低気圧(これを関係と考えます)を縦に重ねたような構造が、思考であると考えます。

見るもの聞くもの、五感すべてから取り入れる「 好き 」や「 嫌い 」や「 大小 」という知覚は、電場、つまりエネルギーの関係で安定し、無意識を中心とした「エーテル 」の影響がある安定であるのに対して、「 価値観 」は物と物を秩序づけるエネルギーで合理的で過去の記憶や社会的規範の影響があるエネルギーだと思います。

「 知覚 」から生じる感情や「 価値観 」は行動するための合理的精密機械のようなものですが、「 エーテル 」を含まないため、無(mu)を「 否定 」と考えるため、無(mu)が有(yuu)として有る自分の外部の関係に触れると、エーテルを「 否定 」と考えるため、思ったように事態は進まず、「 ストレス 」が蓄積された状態になると考えます。


つまり、現実を知覚すれば、ストレスになると考えます。


仏教の「 苦(ku)」が「 思うとおりにならないこと 」であるなら、このストレスが「 苦(ku)」であり、「 苦(ku)」が蓄積し、未来になっても逃れられないから、人生は、生・老・病・死と、「 苦(ku)」の連続であると言うのだと思います。

生きている間は苦(ku)の連続であるのは、台風やハリケーンの状態が生まれてから死ぬまで続くようなものです。

私の考えでは、台風やハリケーンが無(mu)から有(yuu)に変化したのではなく、有(yuu)から生まれ有(yuu)に還るように、人間は有(yuu)から生まれ有(yuu)に還るのであり、死によっても無(mu)にはならず有(yuu)であり続けるのだと思います。

有(yuu)とは、物理的にいえば、「 エーテル 」です。

「 ストレス 」を生むのも苦(ku)を生むのも無(mu)である「 エーテル 」であると思います。

「 ストレス 」や苦(ku)を消滅させるのは、無(mu)を有(yuu)、実有として、人間の頭脳の中に取り入れることです。

無意識(muisiki)を無(mu)、あるいは有(yuu)と一致させることで、無(mu)を、何も無い「 否定 」とは考えずに、無(mu)を有(yuu)と考えることだと思います。

無意識(muisiki)を、自然の無(mu)に合わせることは、自然になかに妥協することではありません。

知覚の妥協点である「 満足感 」を否定した「 価値観 」は、頭の中の「 関係 」を更に高次元の「 関係 」の向上することは出来るかも知れませんが、「 否定 」と考えるため、「 自殺 」へも繋がる危険もあると思います。


「 価値観 」で、無(mu)をエネルギーの段階の「 否定 」とは考えずに、「 今、ここ 」を超越する無限(mugen)の有(yuu)であると考えると、絶望している今、「 いかに生きるべきか 」を考えるようになり、「 ストレス 」をいかに発散するかを考えることになると思います。

「 価値観 」という精神で無(mu)を「 無限(mugen)」の有(yuu)と考え、「 生死に関係なく有り続ける 」と決意することは、「 神 」を信じることと同じことであると思います。

「 神 」はどこかに居ると思うから信仰するのであり、それは「 今、ここ 」を超越するものがあると思うから信じるのであり、何も無いことを信じることは「 虚無主義 」になるでしょう。

「 価値観 」という精神で無(mu)を「 否定 」と考えると、人の死によって無(mu)になることは人の否定であり、「 死中死 」であり、「 死んだら終わり 」であり、現実への自己投降、自己喪失であり、現実肯定であると思います。

これは、虚無主義と同じであると思います。

理性の中で、無(mu)を「 今、ここ 」を超越する無限(mugen)の有(yuu)と認めることが「 信仰 」であり、無(mu)を「 否定 」に考えるのが虚無主義であると思います。

無(mu)を「 今、ここ 」を超越する無限(mugen)の有(yuu)と考えたとき、死んだ場合でも有(yuu)であり、生きていても、「 今、ここ 」を超越する無限(mugen)の有(yuu)である証明することが出来ない無(mu)は有ります。

死と生の区別は、生きるという「 満足感 」による実体(存在)の有り無しであり、死によって「 満足感 」を得ようとしても(自殺)、「 今、ここ 」を超越する無限(mugen)の有(yuu)である無(mu)は続き、「 死んだら終わり 」ではなく、無限(mugen)の有(yuu)の中に戻るだけであると思います。

「 死んだら終わり 」と考えても「 死中生有り 」と考えても、人間が認める実体が在ろうと無かろうと、証明することが出来ない「 エーテル 」があるように、無限(mugen)の有(yuu)である無(mu)の連続であることに変化は無い。

「 死んだら終わり 」を選択するか、「 死中生有り 」を選択するかは、「 満足感 」の相違であり太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などから生じる「 価値観 」の違いであると思います。

posted by kandk55 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

2014/2/16、オカルト・エーテル考18・価値観と満足感 1

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。






2014/1/19、私の記事


これは、フィクションです。


上記のように、宇宙を満たすエーテルを無限の「 弦 」や膜と考え、エネルギーはプラスとマイナスを持つ「 神 」と考え、プラスが「 男神 」でマイナスが「 女神 」と考え、物質は「 弦 」であると考え、この世界は「 エーテル 」を必須とする。

これに対し、人間が持つ「 意識 」はエネルギーであり、その内容である「 思想 」「 内なる世界 」は、エーテルを考慮しない、あるいは認識することが出来ない世界である。

そのため、頭脳は「 永遠 」に「 無明 」であり、事象を「 無常 」と考え、宇宙と一致しないと思います。

下記のように「 存在の謎 」でいう「 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」については、現代物理学では完全な無(絶対無)というものは物理的に存在せず、「 無(mu) 」は、実有する「 エーテル 」であり、宇宙は「 無(mu)」に満たされ、「 無(mu)」に包摂されて「 有 」があり、「 有 」や「 実体 」と認識するのは、「 弦 」のエネルギーが集合した物体であると考え、「 エーテル 」という弦が存在するから、エネルギーから物体、逆に物体からエネルギーへと変換できると思います。

「 弦 」の集合の成立は、前述したようにプラズマ宇宙論を考えます。

この「 無(mu) 」つまり「 エーテル 」が実有するのに対し、人間の頭脳では「 エーテル 」を考慮しない、あるいは認識することが出来ないため、「 無明(mumyou)」や「 無常(muzyou) 」という観念が発生するのだろうと思います。

インドにおいては「存在しない事」を「無が存在する」というらしいが、私は「 無が存在する 」のではなく「 エーテルが存在する 」と考えます。





2014/2/1、私の記事


これは、フィクションです。



エーテルは、呼吸する空気と不可分であり、人類のすべての身体は、エーテルの中にあり、口先から遠く何億光年(それ以上)も離れたビッグ・バンが発生している所までエーテルが満たし、それが法身(hotsusin)であり、そのエーテルの中を、プラズマ宇宙論でいう電流の気(ki)がエネルギーとなり、神となり、プラスの「 男神 」とマイナスの「 女神 」の両端をもつ「 弦 」で、男神が男性、女神が女性となって地球上に現れたとすれば、男女は気(ki)であるエネルギーのもとで平等であると思います。

エネルギーは「 仕事量 」で測るように、「 実体化 」しなければ判別することが出来ません。

エネルギーである神は、奇跡を起こすように、「 実体化 」しなければ、神であると認められません。

しかし、人間は気(ki)というエネルギーを持つから、人間という「 実体 」そのものが、神であると考えます。


私は、宇宙を大きな連続した弦と考え、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの、始めと終わりを持つ「 弦 」の「 定在波 」で現れるのが「 実体 」であると考えます。

連続した大きな弦を、情(zyou)による、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの小さな「 弦 」で把握したのが「 実体 」で他の「 実体 」との空間(エーテル)を「 関係 」と考えます。

情(zyou)の小さな「 弦 」で把握した「 実体 」が崩壊したとき(例えば、死亡したとき)、気(ki)の連続したエーテルに戻ると考えます。

「 この世 」は連続したエーテルの中で、「 弦 」が重なり合っている状態で、小さな「 弦 」が崩壊すれば、大きな「 弦 」になり、エーテルの中、つまりエネルギーの中では、均衡を保たれていると思います(エネルギー保存の法則)。

物理や哲学や宗教の「 間違い 」は、エーテルを無視したことや「 無(mu)」や「 有(yuu)」を真剣に考えて来なかったことだと思います。

私は、「 有(yuu)」は「 存在 」とは違うと思います。

「 存在 」は意識であり「 有(yuu)」はすべての意識を受け入れるものであり、前者は大気で後者はエーテルだと例えます。

「 有(yuu)」と「 無(mu)」は、存在することを証明することが出来ないので、等価といえると考えます。

「 有(yuu)」と「 無(mu)」を同じと考える私は、「 無(mu)」をエネルギーを媒介するエーテルと考え、エネルギーが伝導するのはエーテルが有るからだと思います。


思想の「 無常(muzyou)」や「 無明(mumyou)」という「 無(mu)」は、エネルギーの変動が意識で判別できる段階であり、人間の「 無意識(muisiki)」の「 無(mu)」は、人体の内部と外部との気(ki)であるエネルギーを交換する場であり、人体では「 小脳 」が司ると考えます。

ストレスも、「 無(mu)」であるエーテルから「 無意識(muisiki)」を司る「 小脳 」を通して伝わるエネルギーであり、人によってストレスが違うのは、DNAなどによりエネルギーの伝導の違いや、他の感情の「 弦 」の「 定在波 」が違うかも知れないと思います。

「 存在意識 」も「 人格 」も、始めと終わりを持つ「 弦 」の「 定在波 」であり、「 定在波 」が「 実体 」であると思います。

始めと終わりが無意識(mu)であり、エネルギーであるから、「 定在波 」は常に崩壊し続け、無明(mumyou)であり、そのため「 人格の向上 」も「 人格の堕落 」も生じるのだと思います。

決まった「 定在波 」を続けることを要求するのが情(zyou)である宗教であり、「 定在波 」を崩壊させるのが気(ki)であるエネルギーの神であると思います。

それは、情(zyou)である意識の中心と、気(ki)であるエネルギーの中心が楕円の中心のように、一致しないことが原因で、情(zyou)は、エーテルを無視し、気(ki)は、エーテルを必須とすることが原因かも知れない。


2014/2/16、私の考え


これは、私の考えであり、フィクションです。


情(zyou)は、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などに関するすべての文化や精神であり、とても私には解読する力はありません。

ですから、私だけの、オリジナルな考えを書くことにします。

私は、情(zyou)を情報と考え、知識やすべての文化と考えますが、この情報は、人間の存在を前提とし、「 エーテル 」を含まない、エネルギーから派生したものと考えます。

これらは、エネルギーによって生まれ、すべてが気(ki)であるエネルギーの実体化であり、人間だけが認識が可能な合理的で体系的な「 内的世界 」であり、無(mu)は「 否定 」として無視されていると考えます。

実体と実体が、相当因果関係で結ばれ、エネルギーの段階である、「 因縁や縁起 」は無視されます。

実体と実体は不連続であり、それらは「 関係 」で結ばれるため、関係を選択することが「 実存 」というのかも知れません。

質から質を、量的変化で説明し、エネルギーの変化で説明しても、実体を認識する限り、不連続であると思います。

哲学的に、あるいは科学的に説明しても、気(ki)であるエネルギーが派生した実体の中での説明であり、無(mu)である「 エーテル 」を無視する限り、宇宙を解明することは不可能だと思います。

自分が吸い込む空気と不可分な「 エーテル 」を認識しないで、宇宙が解明されるとは思いません。

この意味で、相対論と量子力学を組み合わせた「 統一理論 」は不可能であると考えます。

私は、エネルギーが伝達される領域を「 エーテル 」と考え、この「 エーテル 」の連続を信じて、実体と実体の不連続を「 エーテル 」の連続で埋めます。

すると、私の「 内的世界 」が「 エーテル 」を媒介にして宇宙と繋がることになるでしょう。

「 エーテル 」の連続を信じることは、時空(時間意識や空間意識)を超越した、無(mu)を信じることであり、無限(mugen)を信じることです。

私は、神はエネルギーであると思いますから、無限(mugen)を信じることは、神(エネルギー)を信じることではありません。

神(エネルギー)の身体(body)を信じることであり、エネルギーが行き着く所を「 信じる 」ことであり、自分の身体から宇宙の果てまでを「 信じる 」ことです。

「 信じること 」は情(zyou)ですから、情(zyou)について考えます。

情(zyou)は、エネルギーによって生まれ、すべてが気(ki)であるエネルギーの実体化であり、人間だけが認識が可能な合理的で体系的な「 内的世界 」であり、エネルギーによる根拠があると思います。

合理的で体系的な知識に必要なのは「 価値観 」で、「 価値観 」により、上下左右や前後などの秩序が保たれると思います。

その一方で、実体を構成するのは「 弦 」です。

連続した大きな弦を、情(zyou)による、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの小さな「 弦 」で把握したのが「 実体 」で他の「 実体 」との空間(エーテル)を「 関係 」と考えます。

「 弦 」は閉じることにより感情や思想などの波動を生じますが、「 弦 」を閉じるのは、「 価値観 」ではなくて「 満足感 」であると思います。

「 満足感 」により、感情や思想が生じると思います。

「 価値観(kachikan) 」も「 満足感(manzokukan) 」も、同じ「 カン(kan) 」と発音しますが、「 価値観 」の「 カン(kan) 」は「 観る 」という漢字を当て、「 満足感 」の「 カン(kan) 」は「 感覚(kankaku) 」の「 感(kan) 」という漢字を当てます。

私は、「 価値観 」を「 重力 」と考え、「 満足感 」を、「 電気などのエネルギー 」であると考え、前者が「 秩序 」を作り、後者は「 実体 」を作ると考えます。

「 価値観 」である「 重力 」は体系内である限り、等しく存在するのに対し、「 満足感 」は「 感覚 」であり、すべての人が相違するように、個人的で等しく存在せず、各種各人、みんな違います。

前者が「 秩序 」であり、後者は「 実体 」であるのが原因だと思います。

男神を「 プラス 」、女神を「 マイナス 」と考えると、男性は男神の権化であり、女性は女神の権化であり、「 恋愛 」は両者にとって「 不安定 」な状態で、「 結婚 」あるいは「 出産 」が「 安定 」の状態であれば、「 安定 」を作り出すのは「 満足感 」であり「 価値観 」ではないと考えます。

感情や思想や人格は「 電気などのエネルギー 」であり、「 満足感 」で「 安定 」し、「 価値観 」を共有することでは「 安定しない 」と思います。

「 価値観 」は「 満足感 」を破って不安定にするのであり、「 価値観 」は常に不安定です。

「 重力 」は同じ地球の上では同じだが、同じだから「 満足感 」が同じであるとは限らない。

「 重力 」、言い換えると「 価値観 」(秩序)は同じ国、あるいは同じ家庭に住んでいるが、「 満足感 」は違う。

前者と後者はエネルギーが相違し、重力と電気が違うように、エネルギーの作用も違うし、飽和点、あるいは妥協点である「 満足感 」も違うと思います。

「 価値観 」が同じ人と結婚するのではなく、「 満足感 」が同じ人と結婚するから、「 結婚は妥協だ 」と言うのであり、「 価値観の妥協だ 」とは言いません。

プロの選手と一般人と違うのは、「 価値観 」が相違するのではなく、「 満足感 」が違うからだと思います。

このようにして、気(ki)は、情(zyou)の中に介入するのだと思います。

無(mu)は、情(zyou)の中に「 無常(muzyou)」や「 無明(mumyou)」として、無限(mugen)な無(mu)の存在として介入するのだと思います。

無(mu)を「 否定 」と解釈しないで、思考不能な無(mu)が有(yuu)として存在すると「 信じる 」ことは、人を謙虚にし、地球が回転することを受け入れるように、宇宙を受け入れることに通じると思います。

これは、現実でも、空気を抜いて真空にしても、エネルギーを通す空間を否定することは出来ないことからも、明らかだと思います。
posted by kandk55 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

2014/2/9、オカルト・エーテル考17・ゴーギャン考

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。



2014/2/2、私の記事


これは、フィクションです。


私が、「 無(mu)」の存在を、エネルギーを交換する場であるエーテルとするのは、私のブログの都合上であるから、無視していただいても結構です。

私は、「 今、ここ」で、「 今 」の中で「 永遠 」なもの、「 ここ 」のなかで、無限(mugen)に遠くて無限(mugen)に近いもの、即ち「 今、ここ 」を超越するものは何かを考えます。

私は、時間を時間意識、空間を空間意識という脳波(電磁波)の定在波で、情(zyou)であると考えますから、情(zyou)では解決不可能なもの、情(zyou)を生じさせるものが「 超越 」と考えるなら、それは気(ki)である「 エネルギーやエーテル 」であると考えます。

私は、時間は時間意識、空間は空間意識という情(zyou)であり、それが「 過去や現在や未来 」を作ると考えますから、「 超越 」は、「 過去や現在や未来 」の超越を考えるのではなく、情(zyou)には無いもの、つまり情(zyou)が無視して来たものが超越として現れたものであると思います。

私は、哲学で「 空間 」といいながら、本当に「 空間 」を考えたのか疑問に思います。

エネルギーを含んだ空間が「 エーテル 」ならば、「 エーテル 」を考えることが「 超越 」を考えることであると思います。

存在しないから「 無(mu)」と考えるのではなく、すべての存在と共存する「 有(yuu)」であると考えることは前述しました。

呼吸で吸い込むのは空気だけでなく「 エーテル 」も吸い込んでいて、その「 エーテル 」は無限のかなたまで連続してひろがり、吸い込む「 エーテル 」も無限にひろがる「 エーテル 」も、情(zyou)では、認識することが出来ない「 無(mu)」であるが、存在を否定することが出来ない「 無(mu)」であると思います。

死んで、人間の身体は宇宙のゴミとなっても、エーテル(涅槃)という「 無(mu)」になります。

「 無(mu)」は、存在の否定ではなく、すべての存在を受け入れる「 有(yuu)」となり、空気のエネルギーと共に連続して、人体の中に出入りすると思います。

このように考えるとき、死に向かう人が、残された人に向かって「 私は星になってあなたを見守る 」ということや「 いつもあなたのそばで、見守っている 」とか「 私を呼べば、すぐ来てあげる 」ということが同時に成立するのです。

「 死に向かう人 」が、聖人や仏陀であっても、一般人であっても同じです。

こうして、エーテルや「 無(mu)」を考えることにより、物理と哲学と宗教が結びつくと思います。


2014/2/9、私の考え


これは、フィクションです。


このように、宇宙を「 エーテル 」を必須とするひとつの弦と考え、太陽系、地球、国家、社会、民族、親、子、DNAなどの「 弦 」の積み重ねが「 実体 」という「 意識 」であり、意識が「 エーテル 」を欠いた虚の世界であり、意識の中の「 無常(muzyou) 」や「 無明(mumyou) 」が、エネルギーと一体となった、連続する「 エーテル 」であり、意識は無意識(muisiki)の無(mu)で「 弦 」を閉じる、あるいは結合していると考えます。

因縁は気(ki)の領域であり、方向が不明のエネルギーであり、情(zyou)の領域である因果関係は「 物語 」であり、思考を一定の方向に向けるために、ストレスを生むと思います。

「 エーテル 」は、考えられない、証明することが出来ないから、情(zyou)の中では、無(mu)であり、意識は無意識で繋がった弦であり、その弦の定在波が、人間の存在を示す「 人格 」と考えます。

情(zyou)は、太陽系、地球、国家、社会、民族、親、子、DNAなど多岐に別れ、その数だけ相違する「 実体 」が存在することになります。

死後は、逆にたどるだけで、「 エーテル 」が無い、大脳で考える関係で縛られた「 実体 」から解放されて、「 エーテル 」を必須とするひとつの弦である無(mu)に戻るのですが、その無(mu)は、前述しましたように、すべての「 実体 」を受け入れる有(yuu)あり、「 今、ここ 」を超越した「 実有 」であると思います。

人間は無(mu)を知らないので、有(yuu)も知らず、すべてが無(mu)と、すべてが有(yuu)とは、同義であると考えます。

私は、ゴーギャンの「 われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか 」に対しては次のように考えます。

無(mu)から、神の力(エネルギー)により、関係という弦のエネルギーに縛られた「 実体 」になり、死により再び無(mu)に戻るが、無(mu)は何も無いという否定ではなく、現実の存在をすべて包摂する有(yuu)であり、「 今、ここ 」を超越した有(yuu)に戻ると思います。

「 エーテル 」やエネルギーを無視した原因と結果の物語の世界から、「 エーテル 」やエネルギーを必須とし、物語を作る因縁(無明(mumyou))の世界へ戻ると思います。

大地に雪が降り、雪を固めて(関係で縛って)実体を作り、雪が融けたあとには、縛った痕跡と大地に水が残るように、実体は無(mu)に変化しても、総体である有(yuu)は変化しないと思います。 

生物は死により、(意識により)否定された無(mu)には戻らず、有(yuu)に戻り、エネルギー(神)の関係により再び「 実体 」となると考えます。

それが、輪廻転生を肯定する考えを生むと思います。

posted by kandk55 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

2014/2/2、オカルト・エーテル考16・存在の謎4

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。






2014/1/19、私の記事


これは、フィクションです。


上記のように、宇宙を満たすエーテルを無限の「 弦 」や膜と考え、エネルギーはプラスとマイナスを持つ「 神 」と考え、プラスが「 男神 」でマイナスが「 女神 」と考え、物質は「 弦 」であると考え、この世界は「 エーテル 」を必須とする。

これに対し、人間が持つ「 意識 」はエネルギーであり、その内容である「 思想 」「 内なる世界 」は、エーテルを考慮しない、あるいは認識することが出来ない世界である。

そのため、頭脳は「 永遠 」に「 無明 」であり、事象を「 無常 」と考え、宇宙と一致しないと思います。

下記のように「 存在の謎 」でいう「 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」については、現代物理学では完全な無(絶対無)というものは物理的に存在せず、「 無(mu) 」は、実有する「 エーテル 」であり、宇宙は「 無(mu)」に満たされ、「 無(mu)」に包摂されて「 有 」があり、「 有 」や「 実体 」と認識するのは、「 弦 」のエネルギーが集合した物体であると考え、「 エーテル 」という弦が存在するから、エネルギーから物体、逆に物体からエネルギーへと変換できると思います。

「 弦 」の集合の成立は、前述したようにプラズマ宇宙論を考えます。

この「 無(mu) 」つまり「 エーテル 」が実有するのに対し、人間の頭脳では「 エーテル 」を考慮しない、あるいは認識することが出来ないため、「 無明(mumyou)」や「 無常(muzyou) 」という観念が発生するのだろうと思います。

インドにおいては「存在しない事」を「無が存在する」というらしいが、私は「 無が存在する 」のではなく「 エーテルが存在する 」と考えます。


私は、下記の、なぜ何もないのではなく、何かがあるのか「存在の謎」(Wikipedia) の中に、アインシュタインの相対論も量子論も超弦理論も「 エーテル 」のことも、書かれていないことに、非常に不満に思っています。



2014/1/26、私の記事

これは、フィクションです。

このように、エネルギーが「 神 」であり、「 男神 」と「 女神 」を始めと終わりとした弦で、「 物体 」は素粒子の弦の集合であり、「 実体 」は人間の頭脳で始めと終わりがある、因果関係がある「 弦 」であり、その全てを包摂するのが「 法身(hotsusin)」であるエーテルと考えます。

「 神 」と「 物体 」はエーテルを必ず必要とし、「 実体 」あるいは「 存在 」は意識であり、エーテルを必要とせず、そもそもエーテルが認識することが出来なく、エーテルを「 無(mu)」と考えるのだと思います。

哲学者が言う「 存在と時間 」も「 存在と無 」も、認識の問題であり意識の問題であり、「 無(mu) 」や「 時間 」(私は、存在は存在意識であるし、時間は時間意識と考え、現在には無い過去や未来を作る意識だと考えます)を本当に哲学したのか疑います。

哲学者の「 無 」は「 虚無 」の無でしょうし、「 否定 」の意味しか持たないと思いますが、人間はすべて「 有(yuu) 」の中で生まれて死ぬのであり、「 有(yuu)」も「 無(mu)」も人間は知らないのだと思います。

空気と共に有るエーテルを解明せず、「 宇宙 」のことを解明することは不可能だと思います。

その意味で、相対論と量子力学を結合するなど、エーテルを考慮しない宇宙で終わり、本当の宇宙の解明につながらないと思います。

私は、「 神 」はプラズマ宇宙論から生まれ、「 神 」の身体が「 エーテル 」と考え、宇宙すべて、人体の中でもエネルギーが伝導するのはエーテルの中であると考えます。

その認識不能な空間(エーテル)を「 無(mu)」と考え、認識や言葉を超越し、その「 無(mu)」の始まりを科学者はビッグ・バンと考えるでしょうが、始まりは「 魔法のランプ 」であると考えることと同じで、認識不能であると思います。

「 なぜ宇宙があるのか 」
「 なぜ世界があるのか」
「 なぜ無でないのか 」

「 なぜ宇宙があるのか 」については、上記のとおりで、「 なぜ世界があるのか 」の「 世界 」はエーテルの無い精神の世界であり、なぜ人間は考えるのかと同じことであり、エーテルが無い「 世界 」はエーテルを必須とする「 宇宙 」と一致しないし(つまり無明)、「 なぜ無でないのか 」は、「 無 」といってもエーテルは有るし、人類は「 無 」を知らないと思います。

これらは、認識しようとするのだが、認識は「 原因と結果 」の「 物語 」であり、それらすべてを包摂する宇宙やエーテルの「 有(yuu) 」は超越しているため、「 無(mu)」と思うのだろう。

「 有(yuu) 」は「 無(mu)」であり「 無(mu)」は「 有(yuu) 」である。

「 有(yuu) 」と「 存在 」は相違すると思う。

「 神 」やエーテルなどを、自然界のエネルギーと考え、これらは人間にとって悪いこと(地震や風水害や津波や雷や太陽風)も「 神 」であり、信仰するのも良いかもしれないが、気(ki)を信じることで、超能力を信じることや、現世利益を信じることになると思う。

宗教は、心の悩みを解消することであり、気(ki)の「 神 」ではなく、情(zyou)の「 仏(hotoke)」を信仰することだと思う。

「 仏(hotoke)」は「 人間を超越する 」のであり、涅槃は大気中のエーテルの状態だろうと思う。



2014/2/1、私の記事


これは、フィクションです。



エーテルは、呼吸する空気と不可分であり、人類のすべての身体は、エーテルの中にあり、口先から遠く何億光年(それ以上)も離れたビッグ・バンが発生している所までエーテルが満たし、それが法身(hotsusin)であり、そのエーテルの中を、プラズマ宇宙論でいう電流の気(ki)がエネルギーとなり、神となり、プラスの「 男神 」とマイナスの「 女神 」の両端をもつ「 弦 」で、男神が男性、女神が女性となって地球上に現れたとすれば、男女は気(ki)であるエネルギーのもとで平等であると思います。

エネルギーは「 仕事量 」で測るように、「 実体化 」しなければ判別することが出来ません。

エネルギーである神は、奇跡を起こすように、「 実体化 」しなければ、神であると認められません。

しかし、人間は気(ki)というエネルギーを持つから、人間という「 実体 」そのものが、神であると考えます。


私は、宇宙を大きな連続した弦と考え、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの、始めと終わりを持つ「 弦 」の「 定在波 」で現れるのが「 実体 」であると考えます。

連続した大きな弦を、情(zyou)による、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの小さな「 弦 」で把握したのが「 実体 」で他の「 実体 」との空間(エーテル)を「 関係 」と考えます。

情(zyou)の小さな「 弦 」で把握した「 実体 」が崩壊したとき(例えば、死亡したとき)、気(ki)の連続したエーテルに戻ると考えます。

「 この世 」は連続したエーテルの中で、「 弦 」が重なり合っている状態で、小さな「 弦 」が崩壊すれば、大きな「 弦 」になり、エーテルの中、つまりエネルギーの中では、均衡を保たれていると思います(エネルギー保存の法則)。

物理や哲学や宗教の「 間違い 」は、エーテルを無視したことや「 無(mu)」や「 有(yuu)」を真剣に考えて来なかったことだと思います。

私は、「 有(yuu)」は「 存在 」とは違うと思います。

「 存在 」は意識であり「 有(yuu)」はすべての意識を受け入れるものであり、前者は大気で後者はエーテルだと例えます。

「 有(yuu)」と「 無(mu)」は、存在することを証明することが出来ないので、等価といえると考えます。

「 有(yuu)」と「 無(mu)」を同じと考える私は、「 無(mu)」をエネルギーを媒介するエーテルと考え、エネルギーが伝導するのはエーテルが有るからだと思います。


思想の「 無常(muzyou)」や「 無明(mumyou)」という「 無(mu)」は、エネルギーの変動が意識で判別できる段階であり、人間の「 無意識(muisiki)」の「 無(mu)」は、人体の内部と外部との気(ki)であるエネルギーを交換する場であり、人体では「 小脳 」が司ると考えます。

ストレスも、「 無(mu)」であるエーテルから「 無意識(muisiki)」を司る「 小脳 」を通して伝わるエネルギーであり、人によってストレスが違うのは、DNAなどによりエネルギーの伝導の違いや、他の感情の「 弦 」の「 定在波 」が違うかも知れないと思います。

「 存在意識 」も「 人格 」も、始めと終わりを持つ「 弦 」の「 定在波 」であり、「 定在波 」が「 実体 」であると思います。

始めと終わりが無意識(mu)であり、エネルギーであるから、「 定在波 」は常に崩壊し続け、無明(mumyou)であり、そのため「 人格の向上 」も「 人格の堕落 」も生じるのだと思います。

決まった「 定在波 」を続けることを要求するのが情(zyou)である宗教であり、「 定在波 」を崩壊させるのが気(ki)であるエネルギーの神であると思います。

それは、情(zyou)である意識の中心と、気(ki)であるエネルギーの中心が楕円の中心のように、一致しないことが原因で、情(zyou)は、エーテルを無視し、気(ki)は、エーテルを必須とすることが原因かも知れない。



2014/2/2、私の考え


これは、フィクションです。


私が、「 無(mu)」の存在を、エネルギーを交換する場であるエーテルとするのは、私のブログの都合上であるから、無視していただいても結構です。

私は、「 今、ここ」で、「 今 」の中で「 永遠 」なもの、「 ここ 」のなかで、無限(mugen)に遠くて無限(mugen)に近いもの、即ち「 今、ここ 」を超越するものは何かを考えます。

私は、時間を時間意識、空間を空間意識という脳波(電磁波)の定在波で、情(zyou)であると考えますから、情(zyou)では解決不可能なもの、情(zyou)を生じさせるものが「 超越 」と考えるなら、それは気(ki)である「 エネルギーやエーテル 」であると考えます。

私は、時間は時間意識、空間は空間意識という情(zyou)であり、それが「 過去や現在や未来 」を作ると考えますから、「 超越 」は、「 過去や現在や未来 」の超越を考えるのではなく、情(zyou)には無いもの、つまり情(zyou)が無視して来たものが超越として現れたものであると思います。

私は、哲学で「 空間 」といいながら、本当に「 空間 」を考えたのか疑問に思います。

エネルギーを含んだ空間が「 エーテル 」ならば、「 エーテル 」を考えることが「 超越 」を考えることであると思います。

存在しないから「 無(mu)」と考えるのではなく、すべての存在と共存する「 有(yuu)」であると考えることは前述しました。

呼吸で吸い込むのは空気だけでなく「 エーテル 」も吸い込んでいて、その「 エーテル 」は無限のかなたまで連続してひろがり、吸い込む「 エーテル 」も無限にひろがる「 エーテル 」も、情(zyou)では、認識することが出来ない「 無(mu)」であるが、存在を否定することが出来ない「 無(mu)」であると思います。

死んで、人間の身体は宇宙のゴミとなっても、エーテル(涅槃)という「 無(mu)」になります。

「 無(mu)」は、存在の否定ではなく、すべての存在を受け入れる「 有(yuu)」となり、空気のエネルギーと共に連続して、人体の中に出入りすると思います。

このように考えるとき、死に向かう人が、残された人に向かって「 私は星になってあなたを見守る 」ということや「 いつもあなたのそばで、見守っている 」とか「 私を呼べば、すぐ来てあげる 」ということが同時に成立するのです。

「 死に向かう人 」が、聖人や仏陀であっても、一般人であっても同じです。

こうして、エーテルや「 無(mu)」を考えることにより、物理と哲学と宗教が結びつくと思います。

2015/1/28、私の現在の考え 4 存在 
カテゴリー、足跡 T
 を参照
posted by kandk55 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

2014/2/1、オカルト・エーテル考15・存在の謎 3

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。






2014/1/19、私の記事


これは、フィクションです。


上記のように、宇宙を満たすエーテルを無限の「 弦 」や膜と考え、エネルギーはプラスとマイナスを持つ「 神 」と考え、プラスが「 男神 」でマイナスが「 女神 」と考え、物質は「 弦 」であると考え、この世界は「 エーテル 」を必須とする。

これに対し、人間が持つ「 意識 」はエネルギーであり、その内容である「 思想 」「 内なる世界 」は、エーテルを考慮しない、あるいは認識することが出来ない世界である。

そのため、頭脳は「 永遠 」に「 無明 」であり、事象を「 無常 」と考え、宇宙と一致しないと思います。

下記のように「 存在の謎 」でいう「 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」については、現代物理学では完全な無(絶対無)というものは物理的に存在せず、「 無(mu) 」は、実有する「 エーテル 」であり、宇宙は「 無(mu)」に満たされ、「 無(mu)」に包摂されて「 有 」があり、「 有 」や「 実体 」と認識するのは、「 弦 」のエネルギーが集合した物体であると考え、「 エーテル 」という弦が存在するから、エネルギーから物体、逆に物体からエネルギーへと変換できると思います。

「 弦 」の集合の成立は、前述したようにプラズマ宇宙論を考えます。

この「 無(mu) 」つまり「 エーテル 」が実有するのに対し、人間の頭脳では「 エーテル 」を考慮しない、あるいは認識することが出来ないため、「 無明(mumyou)」や「 無常(muzyou) 」という観念が発生するのだろうと思います。

インドにおいては「存在しない事」を「無が存在する」というらしいが、私は「 無が存在する 」のではなく「 エーテルが存在する 」と考えます。


私は、下記の、なぜ何もないのではなく、何かがあるのか「存在の謎」(Wikipedia) の中に、アインシュタインの相対論も量子論も超弦理論も「 エーテル 」のことも、書かれていないことに、非常に不満に思っています。



2014/1/26、私の記事

これは、フィクションです。

このように、エネルギーが「 神 」であり、「 男神 」と「 女神 」を始めと終わりとした弦で、「 物体 」は素粒子の弦の集合であり、「 実体 」は人間の頭脳で始めと終わりがある、因果関係がある「 弦 」であり、その全てを包摂するのが「 法身(hotsusin)」であるエーテルと考えます。

「 神 」と「 物体 」はエーテルを必ず必要とし、「 実体 」あるいは「 存在 」は意識であり、エーテルを必要とせず、そもそもエーテルが認識することが出来なく、エーテルを「 無(mu)」と考えるのだと思います。

哲学者が言う「 存在と時間 」も「 存在と無 」も、認識の問題であり意識の問題であり、「 無(mu) 」や「 時間 」(私は、存在は存在意識であるし、時間は時間意識と考え、現在には無い過去や未来を作る意識だと考えます)を本当に哲学したのか疑います。

哲学者の「 無 」は「 虚無 」の無でしょうし、「 否定 」の意味しか持たないと思いますが、人間はすべて「 有(yuu) 」の中で生まれて死ぬのであり、「 有(yuu)」も「 無(mu)」も人間は知らないのだと思います。

空気と共に有るエーテルを解明せず、「 宇宙 」のことを解明することは不可能だと思います。

その意味で、相対論と量子力学を結合するなど、エーテルを考慮しない宇宙で終わり、本当の宇宙の解明につながらないと思います。

私は、「 神 」はプラズマ宇宙論から生まれ、「 神 」の身体が「 エーテル 」と考え、宇宙すべて、人体の中でもエネルギーが伝導するのはエーテルの中であると考えます。

その認識不能な空間(エーテル)を「 無(mu)」と考え、認識や言葉を超越し、その「 無(mu)」の始まりを科学者はビッグ・バンと考えるでしょうが、始まりは「 魔法のランプ 」であると考えることと同じで、認識不能であると思います。

「 なぜ宇宙があるのか 」
「 なぜ世界があるのか」
「 なぜ無でないのか 」

「 なぜ宇宙があるのか 」については、上記のとおりで、「 なぜ世界があるのか 」の「 世界 」はエーテルの無い精神の世界であり、なぜ人間は考えるのかと同じことであり、エーテルが無い「 世界 」はエーテルを必須とする「 宇宙 」と一致しないし(つまり無明)、「 なぜ無でないのか 」は、「 無 」といってもエーテルは有るし、人類は「 無 」を知らないと思います。

これらは、認識しようとするのだが、認識は「 原因と結果 」の「 物語 」であり、それらすべてを包摂する宇宙やエーテルの「 有(yuu) 」は超越しているため、「 無(mu)」と思うのだろう。

「 有(yuu) 」は「 無(mu)」であり「 無(mu)」は「 有(yuu) 」である。

「 有(yuu) 」と「 存在 」は相違すると思う。

「 神 」やエーテルなどを、自然界のエネルギーと考え、これらは人間にとって悪いこと(地震や風水害や津波や雷や太陽風)も「 神 」であり、信仰するのも良いかもしれないが、気(ki)を信じることで、超能力を信じることや、現世利益を信じることになると思う。

宗教は、心の悩みを解消することであり、気(ki)の「 神 」ではなく、情(zyou)の「 仏(hotoke)」を信仰することだと思う。

「 仏(hotoke)」は「 人間を超越する 」のであり、涅槃は大気中のエーテルの状態だろうと思う。



2014/2/1、私の考え



これは、フィクションです。



エーテルは、呼吸する空気と不可分であり、人類のすべての身体は、エーテルの中にあり、口先から遠く何億光年(それ以上)も離れたビッグ・バンが発生している所までエーテルが満たし、それが法身(hotsusin)であり、そのエーテルの中を、プラズマ宇宙論でいう電流の気(ki)がエネルギーとなり、神となり、プラスの「 男神 」とマイナスの「 女神 」の両端をもつ「 弦 」で、男神が男性、女神が女性となって地球上に現れたとすれば、男女は気(ki)であるエネルギーのもとで平等であると思います。

エネルギーは「 仕事量 」で測るように、「 実体化 」しなければ判別することが出来ません。

エネルギーである神は、奇跡を起こすように、「 実体化 」しなければ、神であると認められません。

しかし、人間は気(ki)というエネルギーを持つから、人間という「 実体 」そのものが、神であると考えます。


私は、宇宙を大きな連続した弦と考え、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの、始めと終わりを持つ「 弦 」の「 定在波 」で現れるのが「 実体 」であると考えます。

連続した大きな弦を、情(zyou)による、太陽系、地球、物体、人類、国家、社会、DNA、思想や感情、人格などの小さな「 弦 」で把握したのが「 実体 」で他の「 実体 」との空間(エーテル)を「 関係 」と考えます。

情(zyou)の小さな「 弦 」で把握した「 実体 」が崩壊したとき(例えば、死亡したとき)、気(ki)の連続したエーテルに戻ると考えます。

「 この世 」は連続したエーテルの中で、「 弦 」が重なり合っている状態で、小さな「 弦 」が崩壊すれば、大きな「 弦 」になり、エーテルの中、つまりエネルギーの中では、均衡を保たれていると思います(エネルギー保存の法則)。

物理や哲学や宗教の「 間違い 」は、エーテルを無視したことや「 無(mu)」や「 有(yuu)」を真剣に考えて来なかったことだと思います。

私は、「 有(yuu)」は「 存在 」とは違うと思います。

「 存在 」は意識であり「 有(yuu)」はすべての意識を受け入れるものであり、前者は大気で後者はエーテルだと例えます。

「 有(yuu)」と「 無(mu)」は、存在することを証明することが出来ないので、等価といえると考えます。

「 有(yuu)」と「 無(mu)」を同じと考える私は、「 無(mu)」をエネルギーを媒介するエーテルと考え、エネルギーが伝導するのはエーテルが有るからだと思います。


思想の「 無常(muzyou)」や「 無明(mumyou)」という「 無(mu)」は、エネルギーの変動が意識で判別できる段階であり、人間の「 無意識(muisiki)」の「 無(mu)」は、人体の内部と外部との気(ki)であるエネルギーを交換する場であり、人体では「 小脳 」が司ると考えます。

ストレスも、「 無(mu)」であるエーテルから「 無意識(muisiki)」を司る「 小脳 」を通して伝わるエネルギーであり、人によってストレスが違うのは、DNAなどによりエネルギーの伝導の違いや、他の感情の「 弦 」の「 定在波 」が違うかも知れないと思います。

「 存在意識 」も「 人格 」も、始めと終わりを持つ「 弦 」の「 定在波 」であり、「 定在波 」が「 実体 」であると思います。

始めと終わりが無意識(mu)であり、エネルギーであるから、「 定在波 」は常に崩壊し続け、無明(mumyou)であり、そのため「 人格の向上 」も「 人格の堕落 」も生じるのだと思います。

決まった「 定在波 」を続けることを要求するのが情(zyou)である宗教であり、「 定在波 」を崩壊させるのが気(ki)であるエネルギーの神であると思います。

それは、情(zyou)である意識の中心と、気(ki)であるエネルギーの中心が楕円の中心のように、一致しないことが原因で、情(zyou)は、エーテルを無視し、気(ki)は、エーテルを必須とすることが原因かも知れない。
posted by kandk55 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

2014/1/26、オカルト・エーテル考14・存在の謎2

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。






2014/1/19、私の記事


これは、フィクションです。


上記のように、宇宙を満たすエーテルを無限の「 弦 」や膜と考え、エネルギーはプラスとマイナスを持つ「 神 」と考え、プラスが「 男神 」でマイナスが「 女神 」と考え、物質は「 弦 」であると考え、この世界は「 エーテル 」を必須とする。

これに対し、人間が持つ「 意識 」はエネルギーであり、その内容である「 思想 」「 内なる世界 」は、エーテルを考慮しない、あるいは認識することが出来ない世界である。

そのため、頭脳は「 永遠 」に「 無明 」であり、事象を「 無常 」と考え、宇宙と一致しないと思います。

下記のように「 存在の謎 」でいう「 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」については、現代物理学では完全な無(絶対無)というものは物理的に存在せず、「 無(mu) 」は、実有する「 エーテル 」であり、宇宙は「 無(mu)」に満たされ、「 無(mu)」に包摂されて「 有 」があり、「 有 」や「 実体 」と認識するのは、「 弦 」のエネルギーが集合した物体であると考え、「 エーテル 」という弦が存在するから、エネルギーから物体、逆に物体からエネルギーへと変換できると思います。

「 弦 」の集合の成立は、前述したようにプラズマ宇宙論を考えます。

この「 無(mu) 」つまり「 エーテル 」が実有するのに対し、人間の頭脳では「 エーテル 」を考慮しない、あるいは認識することが出来ないため、「 無明(mumyou)」や「 無常(muzyou) 」という観念が発生するのだろうと思います。

インドにおいては「存在しない事」を「無が存在する」というらしいが、私は「 無が存在する 」のではなく「 エーテルが存在する 」と考えます。


私は、下記の、なぜ何もないのではなく、何かがあるのか「存在の謎」(Wikipedia) の中に、アインシュタインの相対論も量子論も超弦理論も「 エーテル 」のことも、書かれていないことに、非常に不満に思っています。



2014/1/26、私の考え



これは、フィクションです。

このように、エネルギーが「 神 」であり、「 男神 」と「 女神 」を始めと終わりとした弦で、「 物体 」は素粒子の弦の集合であり、「 実体 」は人間の頭脳で始めと終わりがある、因果関係がある「 弦 」であり、その全てを包摂するのが「 法身(hotsusin)」であるエーテルと考えます。

「 神 」と「 物体 」はエーテルを必ず必要とし、「 実体 」あるいは「 存在 」は意識であり、エーテルを必要とせず、そもそもエーテルが認識することが出来なく、エーテルを「 無(mu)」と考えるのだと思います。

哲学者が言う「 存在と時間 」も「 存在と無 」も、認識の問題であり意識の問題であり、「 無(mu) 」や「 時間 」(私は、存在は存在意識であるし、時間は時間意識と考え、現在には無い過去や未来を作る意識だと考えます)を本当に哲学したのか疑います。

哲学者の「 無 」は「 虚無 」の無でしょうし、「 否定 」の意味しか持たないと思いますが、人間はすべて「 有(yuu) 」の中で生まれて死ぬのであり、「 有(yuu)」も「 無(mu)」も人間は知らないのだと思います。

空気と共に有るエーテルを解明せず、「 宇宙 」のことを解明することは不可能だと思います。

その意味で、相対論と量子力学を結合するなど、エーテルを考慮しない宇宙で終わり、本当の宇宙の解明につながらないと思います。

私は、「 神 」はプラズマ宇宙論から生まれ、「 神 」の身体が「 エーテル 」と考え、宇宙すべて、人体の中でもエネルギーが伝導するのはエーテルの中であると考えます。

その認識不能な空間(エーテル)を「 無(mu)」と考え、認識や言葉を超越し、その「 無(mu)」の始まりを科学者はビッグ・バンと考えるでしょうが、始まりは「 魔法のランプ 」であると考えることと同じで、認識不能であると思います。

「 なぜ宇宙があるのか 」
「 なぜ世界があるのか」
「 なぜ無でないのか 」

「 なぜ宇宙があるのか 」については、上記のとおりで、「 なぜ世界があるのか 」の「 世界 」はエーテルの無い精神の世界であり、なぜ人間は考えるのかと同じことであり、エーテルが無い「 世界 」はエーテルを必須とする「 宇宙 」と一致しないし(つまり無明)、「 なぜ無でないのか 」は、「 無 」といってもエーテルは有るし、人類は「 無 」を知らないと思います。

これらは、認識しようとするのだが、認識は「 原因と結果 」の「 物語 」であり、それらすべてを包摂する宇宙やエーテルの「 有(yuu) 」は超越しているため、「 無(mu)」と思うのだろう。

「 有(yuu) 」は「 無(mu)」であり「 無(mu)」は「 有(yuu) 」である。

「 有(yuu) 」と「 存在 」は相違すると思う。

「 神 」やエーテルなどを、自然界のエネルギーと考え、これらは人間にとって悪いこと(地震や風水害や津波や雷や太陽風)も「 神 」であり、信仰するのも良いかもしれないが、気(ki)を信じることで、超能力を信じることや、現世利益を信じることになると思う。

宗教は、心の悩みを解消することであり、気(ki)の「 神 」ではなく、情(zyou)の「 仏(hotoke)」を信仰することだと思う。

「 仏(hotoke)」は「 人間を超越する 」のであり、涅槃は大気中のエーテルの状態だろうと思う。


posted by kandk55 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

2014/1/19、オカルト・エーテル考13・存在の謎

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。




2013/12/29、私の記事

これは、フィクションです。


このように、「 エーテル 」を「 実有 」と考え、昔の人々はこれをどのように考えていたのかを考えます。

私は、仏教しか馴染みはありませんが、昔から「 無(mu) 」という言葉で表されているのが「 エーテル 」であり「 実有 」に該当すると思います。

人類は「 有 」や「 無(mu) 」が何であるかを知ることは出来ないと思います。

もし、知ることが可能なら、エーテルも特異点も暗黒物質も容易に判明するでしょう。

「 有無 」の「 無(mu) 」は「 存在しない 」と考えるのが普通かもしれませんが、「 有 」すなわち「 存在 」を「 存在意識 」と考えると、「 無(mu) 」は「 意識 」ではなく、従って「 意識 」では定義することが出来ないと思います。

「 物体 」が無くても、「 エーテル 」は「 実有 」し、しかもすべての物体を許容し、実在界で「 縁起 」を生む下記の「 四諦 」も包摂し、在りとあらゆるものを矛盾なく包摂します。

その「 無(mu) 」こそ「 実有 」であり、情(zyou)により具現化したのが「 エーテル 」であると考えます。

「 無(mu) 」は「 無限(mugen) 」に使う「 無(mu) 」であり、「 無常(muzyou) 」で使う「 無(mu) 」です。

「 無意識(muisiki) 」にも「 無(mu) 」を使いますが、これは「 意識でないもの 」であり、「 派生する 」意識ではなくて、「 流れる 」エネルギーの領域であり、「 意識 」と「 エーテル 」をつなぐものと考えます。

「 無限(mugen) 」についてですが、無限大は宇宙ですし、無限小の物体は素粒子ですし、素粒子が「 超弦理論 」において「 弦(gen) 」であれば、素粒子を包摂する「 エーテル 」も最大の「 弦(gen) 」として宇宙を満たしているかも知れません。

宇宙は単一の法則が貫通していると考えるからです。

宇宙を満たしている「 エーテル 」が「 実有 」する「 無(mu) 」であり、「 弦(gen) 」で、エネルギーも「 弦(gen) 」であるかも知れず、宇宙の膨張も「 弦(gen) 」の広がりであり、すべてが「 弦(gen) 」として「 連続 」しているかも知れません。

このように、「 エーテル 」を「 弦(gen) 」と考えたとき、一般相対性理論で、なぜ重力により空間が「 ひずみ 」、光の直進を妨げるかを説明することが出来ると考える。

「 エーテル 」が「 弦(gen) 」であるから、その上に乗る星の重力により、弦(gen)であるエーテルが「 ゆがむ 」のであり、光の直進を阻むと考えます。

このように考えると、「 超弦理論 」は、「 物質 」だけでなく、「 エーテル 」や「 エネルギー 」の理論であるかもしれません。


2014/1/5、私の記事



これは、フィクションです。



以上より、宇宙(これは、私の身体を出入りする空気も宇宙だと考えます)は、一つの物質ではない「 無(mu)」という弦であり、すべてを包摂するが、情(zyou)により、エーテル、大気、物質、意識と区別しているのであり、「 死 」により、そのすべての区別が解かれて、人類は宇宙と一つになると考えます。

「 弦(gen)」は、YouTube などを拝見しますと、バイオリンのような弦ではなく、丸い輪のような形状をしていると想定します。

無限小が素粒子で、無限大が宇宙と言いましたが、丸い輪でもバイオリンの絃であっても、情(zyou)は、「 始めと終わり 」で「 有 」を区別するのだと思います。

「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。のは相対論者です。

私は、エーテルが、物質ではない「 無(mu) 」として宇宙のすべてを満たす「 実有 」であると思います。

「 実有 」は、すべての規定(物質や意識)を受け入れ、すべてを否定する「 有 」であり、意識で否定しても、否定しても、疑いなく「 実在する 」「 有 」で、これが宇宙を満たしている、一つの「 弦 」や「 膜 」であると思います。

先に述べましたように、「 死 」により地獄や極楽に行くのではなく(それは、政治的、宗教的、社会的、教育的な善なる行為を推奨する結末)、「 実有 」で「 無(mu)」である一つの「 弦 」に回帰することであり、すべての情(zyou)の規定を拒み、包摂する「 無(mu) 」であるエーテルに回帰することであると思います。

情(zyou)による区別は以下のように考えます。

エーテルは情(zyou)で規定することができないから「 無限(mugen) 」であり、「 永遠 」と想定し、エネルギーは、日本では「 神 」に「 男神 」と「 女神 」があるように、プラスとマイナスという始まりと終わりを持つ、「 気(ki) 」であると想定します。

「 物質 」は素粒子の集まりですから、「 弦(gen)」の組み合わせだと想定します。

人体は宇宙の一部と考えると、暗黒物質の一部でしょうし、「 魔法のランプ 」の一部でしょう。

意識も、「 始めと終わり 」があり、私が今まで「 定在波 」と言って来たのが「 弦(gen) 」でしょうし、「 始めと終わり 」が無意識というエネルギーから生まれるとすれば、「 弦(gen) 」は一定のエネルギーであると考えます。

「 存在 」という「 存在意識 」は、エネルギーから生まれた「 弦(gen) 」であり、「 弦(gen) 」が集合した「 束 」が、「 定在波 」となり「 人格 」となり、何を好み、何に快楽を求めるかの「 弦(gen) 」の違いが「 人格 」の違いであると思います。

この「 束 」の成立に、プラズマ宇宙論を考えます。

このように考えると、意識から人格からエネルギーやエーテルが「 弦(gen) 」でつながり、すべてが、「 無(mu) 」という「 実有 」のエーテルの中での「 有 」であり、前述した気(ki)と情(zyou)の特徴は、「 無(mu) 」と「 有 」、エネルギーやエーテルと意識を分ける結界だと考えます。


2014/1/19、私の考え



これは、フィクションです。


上記のように、宇宙を満たすエーテルを無限の「 弦 」や膜と考え、エネルギーはプラスとマイナスを持つ「 神 」と考え、プラスが「 男神 」でマイナスが「 女神 」と考え、物質は「 弦 」であると考え、この世界は「 エーテル 」を必須とする。

これに対し、人間が持つ「 意識 」はエネルギーであり、その内容である「 思想 」「 内なる世界 」は、エーテルを考慮しない、あるいは認識することが出来ない世界である。

そのため、頭脳は「 永遠 」に「 無明 」であり、事象を「 無常 」と考え、宇宙と一致しないと思います。

下記のように「 存在の謎 」でいう「 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」については、現代物理学では完全な無(絶対無)というものは物理的に存在せず、「 無(mu) 」は、実有する「 エーテル 」であり、宇宙は「 無(mu)」に満たされ、「 無(mu)」に包摂されて「 有 」があり、「 有 」や「 実体 」と認識するのは、「 弦 」のエネルギーが集合した物体であると考え、「 エーテル 」という弦が存在するから、エネルギーから物体、逆に物体からエネルギーへと変換できると思います。

「 弦 」の集合の成立は、前述したようにプラズマ宇宙論を考えます。

この「 無(mu) 」つまり「 エーテル 」が実有するのに対し、人間の頭脳では「 エーテル 」を考慮しない、あるいは認識することが出来ないため、「 無明(mumyou)」や「 無常(muzyou) 」という観念が発生するのだろうと思います。

インドにおいては「存在しない事」を「無が存在する」というらしいが、私は「 無が存在する 」のではなく「 エーテルが存在する 」と考えます。


私は、下記の、なぜ何もないのではなく、何かがあるのか「存在の謎」(Wikipedia) の中に、アインシュタインの相対論も量子論も超弦理論も「 エーテル 」のことも、書かれていないことに、非常に不満に思っています。


参考


「 エーテル 」とは
アインシュタインは「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。
posted by kandk55 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

2014/1/5、オカルト・エーテル考12・無(mu)と気(ki)2

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。



2013/10/20、私の記事



これは、私だけの考えであり、同調を求めない。



エーテルが「「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。この場合、エーテルには位置という概念が存在 」しなく、宇宙がエネルギーに満ちているならば、「 神が位置とは無関係に実有する 」ことが真理であり、人間の意識は、「 七色の虹 」あるいは、「 幻(maborosi)」のようなもので、宇宙のすべての物理法則自体が「 神を写した情報 」であり「 特殊 」な「 神の愛 」の産物であると考えます。






2013/12/29、私の記事

これは、フィクションです。


このように、「 エーテル 」を「 実有 」と考え、昔の人々はこれをどのように考えていたのかを考えます。

私は、仏教しか馴染みはありませんが、昔から「 無(mu) 」という言葉で表されているのが「 エーテル 」であり「 実有 」に該当すると思います。

人類は「 有 」や「 無(mu) 」が何であるかを知ることは出来ないと思います。

もし、知ることが可能なら、エーテルも特異点も暗黒物質も容易に判明するでしょう。

「 有無 」の「 無(mu) 」は「 存在しない 」と考えるのが普通かもしれませんが、「 有 」すなわち「 存在 」を「 存在意識 」と考えると、「 無(mu) 」は「 意識 」ではなく、従って「 意識 」では定義することが出来ないと思います。

「 物体 」が無くても、「 エーテル 」は「 実有 」し、しかもすべての物体を許容し、実在界で「 縁起 」を生む下記の「 四諦 」も包摂し、在りとあらゆるものを矛盾なく包摂します。

その「 無(mu) 」こそ「 実有 」であり、情(zyou)により具現化したのが「 エーテル 」であると考えます。

「 無(mu) 」は「 無限(mugen) 」に使う「 無(mu) 」であり、「 無常(muzyou) 」で使う「 無(mu) 」です。

「 無意識(muisiki) 」にも「 無(mu) 」を使いますが、これは「 意識でないもの 」であり、「 派生する 」意識ではなくて、「 流れる 」エネルギーの領域であり、「 意識 」と「 エーテル 」をつなぐものと考えます。

「 無限(mugen) 」についてですが、無限大は宇宙ですし、無限小の物体は素粒子ですし、素粒子が「 超弦理論 」において「 弦(gen) 」であれば、素粒子を包摂する「 エーテル 」も最大の「 弦(gen) 」として宇宙を満たしているかも知れません。

宇宙は単一の法則が貫通していると考えるからです。

宇宙を満たしている「 エーテル 」が「 実有 」する「 無(mu) 」であり、「 弦(gen) 」で、エネルギーも「 弦(gen) 」であるかも知れず、宇宙の膨張も「 弦(gen) 」の広がりであり、すべてが「 弦(gen) 」として「 連続 」しているかも知れません。

このように、「 エーテル 」を「 弦(gen) 」と考えたとき、一般相対性理論で、なぜ重力により空間が「 ひずみ 」、光の直進を妨げるかを説明することが出来ると考える。

「 エーテル 」が「 弦(gen) 」であるから、その上に乗る星の重力により、弦(gen)であるエーテルが「 ゆがむ 」のであり、光の直進を阻むと考えます。

このように考えると、「 超弦理論 」は、「 物質 」だけでなく、「 エーテル 」や「 エネルギー 」の理論であるかもしれません。


2013/12/31、私の記事

これは、フィクションです。



このように、「 無(mu)」というのが「 エーテル 」であり「 実有 」し、「 無限(mugen) 」の「 弦(gen) 」であることは、私にとっては、重要な帰結になります。

音波が大気という媒体が無ければ伝わらないように、「 波 」は媒介が無ければ伝わらないと思います。

「 電磁波 」や「 重力波 」も「 媒体 」が必要で、その「 媒体 」は「 エーテル 」であると思います。

相対論も量子論も「 エーテル 」を無視してきましたが、それが原因で、物理学と哲学と宗教に「 間 」を作り、不連続で異質な「 学問 」としたのだと思います。

私にとって、「 無(mu)」というのが「 エーテル 」であり「 実有 」し、無限大から無限小まで「 無限(mu) 」の「 弦(gen) 」であることを認めることが、物理から形而上学を統合する情(zyou)になると思います。

これは、私の勝手な結論であり、同調を求めません。


2014/1/5、私の考え



これは、フィクションです。



以上より、宇宙(これは、私の身体を出入りする空気も宇宙だと考えます)は、一つの物質ではない「 無(mu)」という弦であり、すべてを包摂するが、情(zyou)により、エーテル、大気、物質、意識と区別しているのであり、「 死 」により、そのすべての区別が解かれて、人類は宇宙と一つになると考えます。

「 弦(gen)」は、YouTube などを拝見しますと、バイオリンのような弦ではなく、丸い輪のような形状をしていると想定します。

無限小が素粒子で、無限大が宇宙と言いましたが、丸い輪でもバイオリンの絃であっても、情(zyou)は、「 始めと終わり 」で「 有 」を区別するのだと思います。

「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。のは相対論者です。

私は、エーテルが、物質ではない「 無(mu) 」として宇宙のすべてを満たす「 実有 」であると思います。

「 実有 」は、すべての規定(物質や意識)を受け入れ、すべてを否定する「 有 」であり、意識で否定しても、否定しても、疑いなく「 実在する 」「 有 」で、これが宇宙を満たしている、一つの「 弦 」や「 膜 」であると思います。

先に述べましたように、「 死 」により地獄や極楽に行くのではなく(それは、政治的、宗教的、社会的、教育的な善なる行為を推奨する結末)、「 実有 」で「 無(mu)」である一つの「 弦 」に回帰することであり、すべての情(zyou)の規定を拒み、包摂する「 無(mu) 」であるエーテルに回帰することであると思います。

情(zyou)による区別は以下のように考えます。

エーテルは情(zyou)で規定することができないから「 無限(mugen) 」であり、「 永遠 」と想定し、エネルギーは、日本では「 神 」に「 男神 」と「 女神 」があるように、プラスとマイナスという始まりと終わりを持つ、「 気(ki) 」であると想定します。

「 物質 」は素粒子の集まりですから、「 弦(gen)」の組み合わせだと想定します。

人体は宇宙の一部と考えると、暗黒物質の一部でしょうし、「 魔法のランプ 」の一部でしょう。

意識も、「 始めと終わり 」があり、私が今まで「 定在波 」と言って来たのが「 弦(gen) 」でしょうし、「 始めと終わり 」が無意識というエネルギーから生まれるとすれば、「 弦(gen) 」は一定のエネルギーであると考えます。

「 存在 」という「 存在意識 」は、エネルギーから生まれた「 弦(gen) 」であり、「 弦(gen) 」が集合した「 束 」が、「 定在波 」となり「 人格 」となり、何を好み、何に快楽を求めるかの「 弦(gen) 」の違いが「 人格 」の違いであると思います。

この「 束 」の成立に、プラズマ宇宙論を考えます。

このように考えると、意識から人格からエネルギーやエーテルが「 弦(gen) 」でつながり、すべてが、「 無(mu) 」という「 実有 」のエーテルの中での「 有 」であり、前述した気(ki)と情(zyou)の特徴は、「 無(mu) 」と「 有 」、エネルギーやエーテルと意識を分ける結界だと考えます。

posted by kandk55 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

2013/12/31、オカルト・エーテル考11・無(mu)と気(ki)

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。



2013/10/20、私の記事



これは、私だけの考えであり、同調を求めない。



エーテルが「「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。この場合、エーテルには位置という概念が存在 」しなく、宇宙がエネルギーに満ちているならば、「 神が位置とは無関係に実有する 」ことが真理であり、人間の意識は、「 七色の虹 」あるいは、「 幻(maborosi)」のようなもので、宇宙のすべての物理法則自体が「 神を写した情報 」であり「 特殊 」な「 神の愛 」の産物であると考えます。






2013/12/29、私の記事

これは、フィクションです。


このように、「 エーテル 」を「 実有 」と考え、昔の人々はこれをどのように考えていたのかを考えます。

私は、仏教しか馴染みはありませんが、昔から「 無(mu) 」という言葉で表されているのが「 エーテル 」であり「 実有 」に該当すると思います。

人類は「 有 」や「 無(mu) 」が何であるかを知ることは出来ないと思います。

もし、知ることが可能なら、エーテルも特異点も暗黒物質も容易に判明するでしょう。

「 有無 」の「 無(mu) 」は「 存在しない 」と考えるのが普通かもしれませんが、「 有 」すなわち「 存在 」を「 存在意識 」と考えると、「 無(mu) 」は「 意識 」ではなく、従って「 意識 」では定義することが出来ないと思います。

「 物体 」が無くても、「 エーテル 」は「 実有 」し、しかもすべての物体を許容し、実在界で「 縁起 」を生む下記の「 四諦 」も包摂し、在りとあらゆるものを矛盾なく包摂します。

その「 無(mu) 」こそ「 実有 」であり、情(zyou)により具現化したのが「 エーテル 」であると考えます。

「 無(mu) 」は「 無限(mugen) 」に使う「 無(mu) 」であり、「 無常(muzyou) 」で使う「 無(mu) 」です。

「 無意識(muisiki) 」にも「 無(mu) 」を使いますが、これは「 意識でないもの 」であり、「 派生する 」意識ではなくて、「 流れる 」エネルギーの領域であり、「 意識 」と「 エーテル 」をつなぐものと考えます。

「 無限(mugen) 」についてですが、無限大は宇宙ですし、無限小の物体は素粒子ですし、素粒子が「 超弦理論 」において「 弦(gen) 」であれば、素粒子を包摂する「 エーテル 」も最大の「 弦(gen) 」として宇宙を満たしているかも知れません。

宇宙は単一の法則が貫通していると考えるからです。

宇宙を満たしている「 エーテル 」が「 実有 」する「 無(mu) 」であり、「 弦(gen) 」で、エネルギーも「 弦(gen) 」であるかも知れず、宇宙の膨張も「 弦(gen) 」の広がりであり、すべてが「 弦(gen) 」として「 連続 」しているかも知れません。

このように、「 エーテル 」を「 弦(gen) 」と考えたとき、一般相対性理論で、なぜ重力により空間が「 ひずみ 」、光の直進を妨げるかを説明することが出来ると考える。

「 エーテル 」が「 弦(gen) 」であるから、その上に乗る星の重力により、弦(gen)であるエーテルが「 ゆがむ 」のであり、光の直進を阻むと考えます。

このように考えると、「 超弦理論 」は、「 物質 」だけでなく、「 エーテル 」や「 エネルギー 」の理論であるかもしれません。


2013/12/31、私の考え


これは、フィクションです。



このように、「 無(mu)」というのが「 エーテル 」であり「 実有 」し、「 無限(mugen) 」の「 弦(gen) 」であることは、私にとっては、重要な帰結になります。

音波が大気という媒体が無ければ伝わらないように、「 波 」は媒介が無ければ伝わらないと思います。

「 電磁波 」や「 重力波 」も「 媒体 」が必要で、その「 媒体 」は「 エーテル 」であると思います。

相対論も量子論も「 エーテル 」を無視してきましたが、それが原因で、物理学と哲学と宗教に「 間 」を作り、不連続で異質な「 学問 」としたのだと思います。

私にとって、「 無(mu)」というのが「 エーテル 」であり「 実有 」し、無限大から無限小まで「 無限(mu) 」の「 弦(gen) 」であることを認めることが、物理から形而上学を統合する情(zyou)になると思います。

これは、私の勝手な結論であり、同調を求めません。

これから、「 無(mu)」から、気(ki)へ、「 無(mu)」と気(ki)から情(zyou)へと述べるのですが、先ほどの、音波が大気という媒体が無ければ伝わらないように、「 波 」は媒介が無ければ伝わらず、「 電磁波 」や「 重力波 」も「 媒体 」が必要で、その「 媒体 」は「 エーテル 」であるというのが、「 無(mu)」と気(ki)の関係であると考えます。

電磁波が地球の大気が無くても発生し、大気が無くても伝わることは、電磁波が「 エーテル 」を媒介として伝わることを示していると考えます。

エネルギーである気(ki)の媒体は「 エーテル 」であり「 無(mu)」であり、「 実有 」であり「 弦(gen) 」であり、宇宙が「エーテル 」という「 無(mu)」が連続していると考えると、エネルギーという気(ki)も「 連続 」していることになり、「 実有 」であり、「 流れるもの 」であると考えます。

この「 無(mu) 」が人間の中の「 無意識 」を通じていて、「 無意識(muisiki) 」の根本である「 小脳 」と「 無(mu) 」が繋がっていると考え、「 小脳 」の領域は「 無(mu)」であると考えると「 大脳 」の領域である情(zyou)の「 下部組織 」ではないと思います。

無意識や無(mu)や気(ki)の中心はエネルギーの中心であり、意識の中心である精神の中心とは一致せず、前者が「 エーテル 」を必須とするのに対し、後者は「 エーテル 」を無視することも、一致しない原因であると考えます。

後者は、「 無(mu)」を「 実有 」と考えるのではなく、単に「 存在しないもの 」と考えるのかも知れませんが「 有 」とは「 存在 」ではなく、人類は「 有 」も「 無(mu)」も経験していないのに、情(zyou)の都合で、「 無(mu) 」である「 エーテル 」を考えないことにしようという「 協定 」を設けているがゆえに、いつまでも「 真実 」を求めているのだと思います。

ありとあらゆるものを包摂する「 エーテル 」が「 有 」であると私は思います。
posted by kandk55 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

2013/12/29、オカルト・エーテル考 10・エーテルは実有であり、無である

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。



2013/10/20、私の記事



これは、私だけの考えであり、同調を求めない。



エーテルが「「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。この場合、エーテルには位置という概念が存在 」しなく、宇宙がエネルギーに満ちているならば、「 神が位置とは無関係に実有する 」ことが真理であり、人間の意識は、「 七色の虹 」あるいは、「 幻(maborosi)」のようなもので、宇宙のすべての物理法則自体が「 神を写した情報 」であり「 特殊 」な「 神の愛 」の産物であると考えます。




2013/11/24、私の記事


これは、フィクションです。


このように、宇宙を成立させている暗黒物質の「 魔法のランプ 」が、エーテルを必要とする「 実有 」の世界であり、、頭脳の「 魔法のランプ 」がエーテルを必要としない精神的な虚像の世界であり、前者が「 外なる世界 」で、後者が「 内なる世界 」である「 自我 」であると、以前、書きました。

後者の理論である、量子力学と相対論を組み合わせて宇宙を考える人もいますが、私は、エーテルを考慮しない「 内なる世界 」の考えは、間違いであると思います。

このことは、物理学だけでなく、哲学や宗教学も、同様であると考えます。

「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。


私は、「 エネルギー 」が伝達する空間を「 エーテル 」とし、これが「 永遠 」で「 不変 」であると考えます。

「 エネルギー 」が一定の条件で物質になり(E=MC2)、その物質により判断する「 内なる世界 」は相対的であり、「 諸行無常 」であり「 万物は流転する 」のであり、「 永遠 」や「 不変 」であるのは「 内なる世界 」には構造として存在しない「 エーテル 」であると考えます。

「 存在(意識)しないもの 」を「 存在(意識)する 」と考えることが「 不変 」や「 永遠 」を考えることだと思いますが、存在(意識)を変化させるので、「 相対的 」を「 絶対的 」にすることで、「 自我を否定 」することで、社会的には「 狂気 」という評価を得るかも知れませんが、これが「 永遠 」を求めることであり、「 神 」を信じることだと思います。

「 神 」を信じるためには「 エーテル 」を考えることが必須だと考えます。

「 エーテル 」という気(ki)が「 実有 」であり、「 諸行無常 」という情(zyou)は「 エネルギー 」と「 物質 」が流動的であることで、気(ki)を原因とする「 現象 」であり「 相対的 」な存在意識であると思います。

「 実有 」は存在意識という情(zyou)を含む気(ki)であり、あらゆる現象を包摂する空間で、人間の情(zyou)では、「 時間 」や「 速度 」では想定不能の「 空間 」だと思います。

「 空間 」として考える限り情(zyou)であり、測定不能の「 場 」であると考えます。

真空でも、地上のリンゴが落ちるとき、「 重力 」というエネルギーは測定可能だが、「 エネルギーが働く場 」は意識で測定不能であるが「 実有 」するように、「 エーテル 」は意識とは無関係に「 実有 」するのだと思います。



2013/12/29、私の考え


これは、フィクションです。


このように、「 エーテル 」を「 実有 」と考え、昔の人々はこれをどのように考えていたのかを考えます。

私は、仏教しか馴染みはありませんが、昔から「 無(mu) 」という言葉で表されているのが「 エーテル 」であり「 実有 」に該当すると思います。

人類は「 有 」や「 無(mu) 」が何であるかを知ることは出来ないと思います。

もし、知ることが可能なら、エーテルも特異点も暗黒物質も容易に判明するでしょう。

「 有無 」の「 無(mu) 」は「 存在しない 」と考えるのが普通かもしれませんが、「 有 」すなわち「 存在 」を「 存在意識 」と考えると、「 無(mu) 」は「 意識 」ではなく、従って「 意識 」では定義することが出来ないと思います。

「 物体 」が無くても、「 エーテル 」は「 実有 」し、しかもすべての物体を許容し、実在界で「 縁起 」を生む下記の「 四諦 」も包摂し、在りとあらゆるものを矛盾なく包摂します。

その「 無(mu) 」こそ「 実有 」であり、情(zyou)により具現化したのが「 エーテル 」であると考えます。

「 無(mu) 」は「 無限(mugen) 」に使う「 無(mu) 」であり、「 無常(muzyou) 」で使う「 無(mu) 」です。

「 無意識(muisiki) 」にも「 無(mu) 」を使いますが、これは「 意識でないもの 」であり、「 派生する 」意識ではなくて、「 流れる 」エネルギーの領域であり、「 意識 」と「 エーテル 」をつなぐものと考えます。

「 無限(mugen) 」についてですが、無限大は宇宙ですし、無限小の物体は素粒子ですし、素粒子が「 超弦理論 」において「 弦(gen) 」であれば、素粒子を包摂する「 エーテル 」も最大の「 弦(gen) 」として宇宙を満たしているかも知れません。

宇宙は単一の法則が貫通していると考えるからです。

宇宙を満たしている「 エーテル 」が「 実有 」する「 無(mu) 」であり、「 弦(gen) 」で、エネルギーも「 弦(gen) 」であるかも知れず、宇宙の膨張も「 弦(gen) 」の広がりであり、すべてが「 弦(gen) 」として「 連続 」しているかも知れません。

このように、「 エーテル 」を「 弦(gen) 」と考えたとき、一般相対性理論で、なぜ重力により空間が「 ひずみ 」、光の直進を妨げるかを説明することが出来ると考える。

「 エーテル 」が「 弦(gen) 」であるから、その上に乗る星の重力により、弦(gen)であるエーテルが「 ゆがむ 」のであり、光の直進を阻むと考えます。

このように考えると、「 超弦理論 」は、「 物質 」だけでなく、「 エーテル 」や「 エネルギー 」の理論であるかもしれません。




無(mu)(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1


四諦(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E8%AB%A6

posted by kandk55 at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

2013/12/8、オカルト・エーテル考 9・無意識

私は仏教が好きだが、僧侶ではない。
哲学的な文章だが、哲学を学んでいない。
物理の話をするが、物理を学んでいない。
心理の話をするが、心理学を学んでいない。
霊魂の話をするが、霊能力者ではない。
私は、三流大学の法律科を卒業した。



2013/10/20、私の記事



これは、私だけの考えであり、同調を求めない。



エーテルが「「エーテル」を物質を表す言葉とせず、真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱した。この場合、エーテルには位置という概念が存在 」しなく、宇宙がエネルギーに満ちているならば、「 神が位置とは無関係に実有する 」ことが真理であり、人間の意識は、「 七色の虹 」あるいは、「 幻(maborosi)」のようなもので、宇宙のすべての物理法則自体が「 神を写した情報 」であり「 特殊 」な「 神の愛 」の産物であると考えます。




私の記事


これは、フィクションです。

私は、仏教的な言葉を書きますが、仏教を勉強したこともありませんし、僧侶でもなく、仏教の門外漢です。

まして、哲学者でもありません。

しかし、フィクションとして、書きたいのです。

私は、「 神 」をエネルギーと考え、「 法身(hotsusin)」を神の身体であるエーテルと考え、「 報身(housin)」 を社会や文化のすべての思想だと考えています。

仏教に興味がある人は、ほかのブログをご覧になるようお願いします。

以上のように、宇宙を成立させている暗黒物質の「 魔法のランプ 」からの噴出物が、エーテルを必要とする「 実有 」の世界であり、頭脳の「 魔法のランプ 」からの噴出物がエーテルを必要としない精神的な虚像の世界であり、前者が「 外なる世界 」で、後者が「 内なる世界 」である「 自我 」であると考えますと、「 世界 」を生む二つの「 魔法のランプ 」は、宇宙の産物であり、法身(hotsusin)であると思います。

後者の「 魔法のランプ 」は、「 神 」であるエネルギーの身体、すなわち重力や電磁波などの気(ki)が通う空間である「 エーテル 」に包まれた宇宙の産物ですから法身(hotssin)の一部であり、人体自身は、科学の対象となる気(ki)の塊ですから科学が適用されます。

人体は「 魂 」であり気(ki)でありますから、科学が適用されると考えます(生気論)。

後者の「 魔法のランプ 」から出た「 内なる世界 」は、エーテルを含まない、法身(hotssin)でない情(zyou)であり、報身(housin)であると考えます。

この報身(housin)の中に「 宗教 」があると思うのですが、エーテルを含まないから科学的な対象とはならず、宗教が作った「 神 」は、気(ki)であるエネルギーを通過させたり、エネルギーを生んだりせず、その目的は「 人格の完成 」であり、報身(housin)が作るのは「 仏(hotoke) 」であり「 神 」ではないと思います。

「 宗教が作った神仏 」は、エーテルを必要としないことを理由として「 限界 」が生じると思います。

「 限界 」とは「 永遠 」と唱えながらも、「 永遠 」を解決していないから、人間では考えられないほどの時間や空間の概念を「 宗教 」は必要とするのだと思います。

私は、宗教が「 エーテル 」を考えていないから、そのような概念を必要とすると考えます。

「 人間は神の前で平等である 」と言いますが、私は、後者の情(zyou)である宗教が作った「 神 」ではなく、前者の気(ki)であるエネルギーの「 神 」の前で「 平等 」であると思います。


ちょうど、真空で物体を落下させるとき、「 重いもの 」も「 軽いもの 」も同一の重力で落ちるように、「 重いもの 」とか「 軽いもの 」などの情(zyou)を排除すれば、重力という気(ki)の前では、同一、つまり平等であると考えます。

「 人間は神の前で平等である 」とは、宗教や社会的権利や文化的思考により与えられる「 平等 」ではなく、人間という存在自体が気(ki)であり、人間が生まれたときから気(ki)であるエネルギーとしての「 神 」の前で「 平等 」であると考えます。



このように、宇宙を成立させている暗黒物質の「 魔法のランプ 」からの噴出物が、エーテルを必要とする「 実有 」の世界であり、頭脳の「 魔法のランプ 」からの噴出物がエーテルを必要としない精神的な虚像の世界であり、前者が「 外なる世界 」で、後者が「 内なる世界 」である「 自我 」であると考えますと、「 世界 」を生む二つの「 魔法のランプ 」は、宇宙の産物であり、法身(hotusin)であるので、「 人間は宇宙の産物として平等である 」と思います。


2013/12/8、私の考え



これは、フィクションです。


私は、これまで書いてきた記事をひとつの考えで説明することが出来るかどうかに挑戦しています。

ちょうど、真空で物体を落下させるとき、「 重いもの 」も「 軽いもの 」も同一の重力で落ちるように、「 重いもの 」とか「 軽いもの 」などの情(zyou)を排除すれば、重力という気(ki)の前では、同一、つまり平等であると考えます。

これは、人種や宗教や国籍を問わず、人間は宇宙の産物として、気(ki)であるエネルギー(神)の前で平等であり、人種や宗教や国籍や自我や教育やDNAなどの情報である情(zyou)が「 重いもの 」や「 軽いもの 」という差別を生むと思います。

「 差別 」自体が、「 外なる世界 」を差別する「 内なる世界 」の表現であり、「 人格 」の発露であると思います。


確実な実体を認識したと思っても、それが瞬時に「 相対的 」で「 万物が流転し 」「 無常 」となる「 実体 」で、その原因は「 外なる世界 」に有るのではなく、「 内なる世界 」にあると思います。

「 外なる世界 」が、絶えず相対的で無常で、掴んでも掴むことが出来ない「 地獄 」であると思うのですが、その原因は「 内なる世界 」に有ると思います。

「 外なる世界 」のエーテルの中の「 絶対的因果 」で連続する「 実有 」のエネルギーを、「 内なる世界 」では、エーテルを含まず、記憶による世界が始めと終わりがある物語として把握するのが原因で、「 相対的 」で「 無常 」で「 相当因果関係 」な「 実体 」だという判断を下すのだと思います。


「 内なる世界 」は、「 一面的な 」自我意識であり、人種や宗教や国籍であり、自我に反する気(ki)を否定し、自我に都合がよい気(ki)選択して体系化し、差別するものだと思います。

「 内なる世界 」でエーテルを考えるとは、ちょうど、真空で物体を落下させるとき、「 重いもの 」も「 軽いもの 」も同一の重力で落ちるように、「 重いもの 」とか「 軽いもの 」などの情(zyou)を排除すれば、重力という気(ki)の前では、同一、つまり平等であると考えることで、意識ではない「 無意識 」の状態を考えることだと思います。

宗教的には、死の中に在りながら(エーテルの中に在りながら、あるいは涅槃に在りながら)生きること(大気の中で生命を保つこと、死ぬまでの煩悩を受け入れて楽しむこと)が、「 内なる世界 」でエーテルを考えることだと思います。

その意識を排除した状態で意識ではない無意識はエネルギーであり、エーテルの中でエネルギーを伝えるのが「 無意識 」で、「 無意識 」とは意識の一種ではなく、エネルギーと意識を連結するエネルギーと意識の「 膜 」であると考えます。

人間の周りに「 光 」があるとすれば、それが「 無意識の膜 」であり、「 エネルギーの膜 」であり、それは「 内なる世界 」や自我の中の気(ki)と「 外なる世界 」の気(ki)とを連結しているのだと思います。


私は、ちょうど「 呼吸 」のように、「 無意識 」を通過させて、「 外なる世界 」から気(ki)を取り入れ、「 内なる世界 」の気(ki)を「 無意識 」を通過させて発露するのだと思います。

この際、書いておくと、情(zyou)である「 霊 」は社会や精神に帰属し作り出したり、「 見る 」ことが可能で、エネルギー(神)はなく、気(ki)である「 魂 」には、飛んだり消えたりするエネルギー(神)があることになり、エーテルの中にあり、「 見る 」ことは不可能で、感じるだけであると考えています。

posted by kandk55 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 44 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする